初めて車と出会う人の為の車情報メディア Rosazzurro [Rosa]

三菱新型エクリプスクロスのおすすめはGとGプラスパッケージ!新コンパクトSUV全グレード徹底比較

2018年の3月1日、三菱 新型エクリプスクロスが発売となりました!新型エクリプスクロスの全グレードをデザインや価格、性能、装備などで徹底比較し、おすすめのグレードをご紹介します。新型エクリプスクロスでおすすめなのは、どのグレードなのでしょうか?

三菱 新型エクリプスクロスとはどんな車?

三菱 新型エクリプスクロスの発売日

エクリプスクロス(eclipse-cross)とは、三菱自動車が2018年の3月1日より販売を開始した新型コンパクトクロスオーバーSUVです。
グローバル戦略車である新型エクリプスクロスは、2017年10月に欧州、11月に豪州・ニュージーランド、アセアン地域、2018年1月に北米に向けての出荷が行われており、最終的には約80ヶ国への展開が計画されています。

日本国内においては2017年の12月22日より予約注文の受付が開始されており、2018年2月末の時点で約5,000台の予約を受注したとのことです。
月間販売目標台数は1,000台に設定されています。

三菱 新型エクリプスクロスの開発コンセプト

三菱 新型エクリプスクロスは、同社のコンパクトSUV「RVR」とミドルクラスSUV「アウトランダー」のクロスオーバーSUVラインナップに加わる、新たなモデルです。

ユーザーの「行動範囲を広げたい、さまざまなことに挑戦したい」という想いに応えるべく開発されています。
新型エクリプスクロスは、スタイリッシュなクーペボディにSUVとしてのダイナミックな機動力を融合した、三菱らしいクーペSUVです。

三菱 新型エクリプスクロスの特長

・行動意欲をかきたてる個性的なデザイン
・新たな楽しみへの閃きをもたらすコネクティビティ
・電子制御4WDによる安心のドライビングフィール

三菱 新型エクリプスクロスの主要諸元

ボディサイズ(mm)全長:4,405
全幅:1,805
全高:1,685
車両重量(kg)2WD:1,460・1,480
4WD:1,530・1,550
乗車定員5人
エンジン直列4気筒DOHC直噴ターボ
最高出力110kW[150PS]/5,500rpm
最大トルク240N・m[24.5kgf・m]/2,000~3,500rpm
トランスミッション8速スポーツモードCVT
駆動方式FF
電子制御4WD
JC08モード燃費FF:15.0km/L
4WD:14.0km/L
燃料レギュラー
新車車両価格(税込)253万~310万円

三菱 新型エクリプスクロスについての記事はこちら

三菱 新型エクリプスクロスのグレード構成概要

グレード:M

「M」は、新型エクリプスクロスのエントリーグレードです。
必要最低限の装備が揃っており、価格も最安値に設定されています。

新型エクリプスクロスでは、衝突被害軽減ブレーキや誤発進抑制機能などが全車標準装備となっています。
Mの必要最低限の装備の中には、こういった先進安全装備も含まれています。

グレード:G

「G」は、新型エクリプスクロスの中間グレードです。
LEDヘッドライトやヘッドアップディスプレイ、レーダークルーズコントロールなど、「M」には設定されていない装備が標準装備となり、快適性が向上しています。

グレード:G プラスパッケージ

「G プラスパッケージ」は、新型エクリプスクロスの最上級グレードです。
「G」ではメーカーオプションに設定されている装備が標準搭載されるなど、最上級グレードに相応しい充実した装備内容となっています。

三菱 新型エクリプスクロスのグレード別エクステリアデザイン(外装)の違い

Mのエクステリアデザイン(外装)

新型エクリプスクロス M ブロンズメタリック

三菱 新型エクリプスクロスのエクステリアは、ユーザーの行動意欲を掻き立てる、個性的なデザインを特長としています。
高い着座位置による見晴らしのよさや広い室内空間など、SUVとしての機能性は一切妥協せず、ダイナミックで存在感のある、三菱らしいクーペSUVフォルムを実現しました。

フロントマスクには、三菱車の共通デザインテーマ「ダイナミックシールド」を採用し、人と車を守る安心感と力強さを表現しています。
薄くシャープなヘッドライトとLEDデイライトをフロントマスク上部に配置し、ターンランプとフォグランプを下部に配置することによって、より精悍なイメージを表現するとともに、ターンランプの視認性の向上を図りました。

リヤでは、上下に分割されて配置されたワイドなリヤランプと前傾したリヤウインドウにより、立体的で個性的なスタイルを表現しています。
また、チューブ式のLEDテールランプと中央のハイマウントストップランプが同一直線上で発光することで、幅広さと安定感も表現しました。

Gのエクステリアデザイン(外装)

新型エクリプスクロス G レッドダイヤモンド

「G」のエクステリアデザインは、基本的に「M」とほとんど変わりません。
ただし、ハロゲンヘッドライトからLEDヘッドライトへの変更や、16インチアルミホイールから18インチアルミホイール(切削光輝仕上げ)への変更、メッキガーニッシュの追加など、細かい部分ではアップグレードされています。

また、メーカーオプションで電動パノラマサンルーフも設定されています。

G プラスパッケージのエクステリアデザイン(外装)

新型エクリプスクロス G プラスパッケージ ホワイトパール

「G プラスパッケージ」のエクステリアデザインは、基本的に「G」とほとんど変わりません。
また「G」と同様に電動パノラマサンルーフも設定されています。

三菱 新型エクリプスクロスのグレード別外装の違い

三菱 新型エクリプスクロスのエクステリアは、グレード別で一部仕様に違いはありますが、基本的なデザインはほぼ共通しています。

三菱 新型エクリプスクロスのグレード別インテリアデザイン(内装)の違い

Mのインテリアデザイン(内装)

新型エクリプスクロス M インパネ

新型エクリプスクロス M シート

三菱 新型エクリプスクロスのインテリアは、ブラックとシルバーのモノトーンカラーで、落ち着いた雰囲気でまとめられています。
また、水平基調のインパネとシルバー加飾によるダイナミックなデザインは、スポーティでありながらも上質な室内空間を演出しています。

6:4分割のリヤシートには、最大200mmのロングスライド&9段階リクライニング機構が備えられており、スタイリッシュなクーペSUVフォルムを損なうことなく、室内空間の実用性を確保しました。

Gのインテリアデザイン(内装)

新型エクリプスクロス G インパネ

新型エクリプスクロス G シート

「G」のインテリアデザインは、基本的に「M」と共通です。
ただし、「M」には設定がないヘッドアップディスプレイが「G」には標準装備されます。

また、本革シートや運転席パワーシート、シートヒーターといった装備も、「G」にはメーカーオプションとして設定されています。

G プラスパッケージのインテリアデザイン(内装)

新型エクリプスクロス G プラスパッケージ インパネ

新型エクリプスクロス G プラスパッケージ シート

「G プラスパッケージ」のインテリアデザインは、基本的に「G」と共通です。
ただし、最新のコネクティビティ装備「スマートフォン連携ディスプレイオーディオ」は「Gプラスパッケージ」のみに標準装備されます。

「スマートフォン連携ディスプレイオーディオ」は、「Apple CarPlay(アップルカープレイ)」や「Android Auto(アンドロイドオート)」との連携が可能です。

三菱 新型エクリプスクロスのグレード別内装の違い

三菱 新型エクリプスクロスのインテリアは、グレード別で一部仕様に違いはあるものの、基本的なデザインはほぼ共通です。

注目の「ヘッドアップディスプレイ」は「M」には搭載されておらず、最新のコネクティビティ装備「スマートフォン連携ディスプレイオーディオ」は、「G プラスパッケージ」にのみ標準搭載されます。

三菱 新型エクリプスクロスのグレード別ボディーカラーを比較

三菱 新型エクリプスクロスのボディーカラーのグレード別比較表

MGG プラスパッケージ
ラインナップ数8色
ボディーカラーレッドダイヤモンド(有料色:75,600円)
ブロンズメタリック
ホワイトパール(有料色:32,400円)
ライトニングブルーマイカ
ブラックマイカ
レッドメタリック
チタニウムグレーメタリック
スターリングシルバーメタリック

三菱 新型エクリプスクロスのボディカラーは、ダイナミックなスタイリングを際立たせる「レッドダイヤモンド」と、ブラウンをベースに軽快でアクティブな印象を加えた「ブロンズメタリック」を新たに開発し、全8色のラインナップとしています。

一部有料色の設定がありますが、グレードによるカラーラインナップの違いはありません。

三菱 新型エクリプスクロスのグレード別先進技術・予防安全装備を比較

三菱 新型エクリプスクロスの先進技術・予防安全装備のグレード別比較表

MGG プラスパッケージ
衝突被害軽減ブレーキシステム標準装備
車線逸脱警報システム
オートマチックハイビーム
誤発進抑制機能(前進&後退時)
レーダークルーズコントロールシステム-標準装備
後側方車両検知警報システムメーカーオプション標準装備
後退時車両検知警報システム

三菱新型エクリプスクロスは「サポカーSワイド」対象車となっています。

車両や歩行者を検知して知らせる「衝突被害軽減ブレーキシステム」

「衝突被害軽減ブレーキシステム」は、レーザーレーダーとカメラ、電波式レーダー(レーダークルーズコントロール装着時)を用いて車両や歩行者を検知し、緊急時に衝突を回避もしくは衝突被害を軽減する機能です。
以下A~Cのステップで作動します。

A:衝突の危険を検知した場合、表示と警報音で注意喚起を行います。
B:衝突の危険性が高いと判断した場合、自動的にやや強めのブレーキを作動させて、ドライバーのブレーキ操作を促します。
C:衝突が避けられない場合、緊急自動ブレーキで衝突被害を軽減、または条件によって衝突を回避します。

以上の緊急動作は前方車両に対して5~80km/hまでの速度で作動します。(レーダークルーズコントロール装着時:5~180km/h)
また、歩行者に対しては5~65km/hで作動します。

車線を外れそうになるとお知らせ「車線逸脱警報システム」

「車線逸脱警報システム」は、カメラで前方車線の位置を認識し、車線を外れそうになると警報を発して注意を促してくれる機能です。
60km/h以上の速度で作動します。

自動でハイ/ローを切り替え「オートマチックハイビーム」

「オートマチックハイビーム」は、先行車や対向車、周囲の明るさを検知し、状況に合わせて自動でハイビームとロービームの切り替えを行ってくれるシステムです。
遠方視認性を高め、操作の煩わしさを軽減します。

操作ミスを防止「誤発進抑制機能(前進&後退時)」

「誤発進抑制機能(前進&後退時)」は、超音波レーダーによって障害物を検知し、ペダルの踏み間違いなどの操作ミスによる誤発進を防いでくれる機能です。
停車状態~約10km/hで作動します。

自動で前方車に追従「レーダークルーズコントロールシステム」

「レーダークルーズコントロールシステム」は、電波式レーダーによって前方車両を検知し、一定の速度と車間距離を保ちながら自動で追従走行を行うシステムです。
渋滞時や長距離走行によるドライバーの運転負荷を軽減します。

死角からの車両接近をお知らせ「後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付)」

「後側方車両検知警報システム」は、死角になりやすい斜め後方・隣レーン後方からの接近車両を検知し、ドライバーに警告してくれるシステムです。
約10km/h以上の速度で作動します。

後退時も安心「後退時車両検知警報システム」

「後退時車両検知警報システム」は、駐車場などで後退する際に、死角になりやすい斜め後方から接近する車両を検知して、ドライバーに警告をしてくれるシステムです。
移動速度0~約18km/h、接近車両速度約7km/h以上で作動します。

三菱 新型エクリプスクロスのグレード別パワートレインを比較

三菱 新型エクリプスクロスのエンジンラインナップとグレード構成比較表

エンジントランスミッション駆動方式
M直列4気筒DOHC直噴ターボ8速スポーツモードCVTFF / 4WD
G
G プラスパッケージ

三菱 新型エクリプスクロスのパワートレインには、1.5Lの直列4気筒ダウンサイジング直噴ガソリンターボエンジンが搭載されました。
新開発されたこのターボエンジンは、1.5Lの排気量でありながら、従来型の2.4L自然吸気エンジンを凌ぐトルクを発揮し、レスポンスも向上しています。

また4WDシステムには、電子制御式4WD「S-AWC」が搭載されており、非常に高度な車両挙動制御によって、安全で思い通りの運転を実現しています。
「AUTO」「SNOW」「GRAVEL」の3つの走行モードが設定され、センターコンソールに配置したドライブモードセレクターにより、モードを変更できます。

グレードによるスペックの違いはありません。

三菱 新型エクリプスクロスのトランスミッション

三菱 新型エクリプスクロスのトランスミッションには、8速スポーツモード付のCVTが搭載されます。
低燃費と優れた加速性能を両立しており、CVTとは思えないスポーティな走りを実現しました。

三菱 新型エクリプスクロスの駆動方式

三菱 新型エクリプスクロスの駆動方式は全てのグレードで「FF」「4WD」を選択できます。

三菱 新型エクリプスクロスのグレード別燃費を比較

JC08モード燃費エンジントランスミッショングレード
15.0km/L(2WD)直列4気筒DOHC直噴ターボCVTM
G
G プラスパッケージ
14.0km/L(4WD)

三菱 新型エクリプスクロスのおすすめグレードは「G」「G プラスパッケージ」

三菱 新型エクリプスクロスのおすすめグレードは「G」と「G プラスパッケージ」です。

「G」には、注目のヘッドアップディスプレイやレーダークルーズコントロールなどが標準装備されます。
また最上級グレードである「G プラスパッケージ」には、「G」の装備に加えて、最新のコネクティビティ装備「スマートフォン連携ディスプレイオーディオ」が標準搭載され、先進安全装備もフルパッケージです。

最廉価グレードである「M」は、同じ三菱のコンパクトSUV「RVR」の最上級グレードと重なる部分が多いので、新型エクリプスクロスならではの良さを体感したいのであれば、「G」以上のグレードを選ぶようにしましょう。

新型エクリプスクロスとライバル車の比較記事はこちら

三菱の新型車に関連する記事はこちら

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのRosazzurroライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。Rosazzurroでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す

http://xn--80adrlof.net

velotime.com.ua

http://generico-pro.com