初めて車と出会う人の為の車情報メディア Rosazzurro [Rosa]

スズキ新型クロスビー VS ハスラー徹底比較!3年乗った場合の維持費の違いは?

スズキの新型クロスビー(XBEE)は、ハスラーの小型車版をリリースして欲しいという消費者の声から生まれたハスラーにそっくりな小型クロスオーバーワゴンです。 そんな気になるクロスビーとハスラーを、ボディーカラーから装備、価格そして維持費まで徹底比較しました。

【スズキ 新型クロスビー VS スズキ ハスラー】徹底比較!

スズキ 新型クロスビー(XBEE)は、2017年12月25日に発売された新型車です。
クロスビーは、全長が4m以下という今までなかった新しいサイズの小型車クロスオーバーワゴンです。
スズキ ハスラー(軽自動車)が2014年に発売された当時から、ハスラーの小型車版をリリースして欲しいという消費者の要望から生まれました。
クロスビーの見た目はハスラーとそっくりで、ハスラーの兄貴分と呼べる存在です。
その新型車クロスビーとそっくりなハスラーを徹底比較しました。

スズキ 新型クロスビーとはどんな車?

クロスビー HYBRID MZ(ラッシュ イエロー メタリック ブラック2トーンルーフ)

スズキ 新型クロスビーの発売日

クロスビーは、2017年12月25日に発売された新型車で初代となります。
2017年10月に開催された「第45回東京モーターショー2017」で世界初公開となり、その約2ヶ月後に発売となりました。

スズキ 新型クロスビーの開発コンセプト

クロスビーの開発コンセプトは、「このクルマといっしょなら、今までの世界がもっとエキサイティングになる、何か新しいことに挑戦したくなる魅力あるクルマ」ということです。

・大人5人がしっかり乗れるワゴンの広さ
SUVらしいデザイン、力強い走りと走破性
・自由自在に使いこなせるユーティリティ

を備えた新ジャンルの小型クロスオーバーワゴンなのです。

スズキ 新型クロスビーの特徴

クロスビーの特徴は以下の5点です。

・コンパクトなSUVスタイルを確率し、広い室内と高い走破性を両立
・都会でもアウトドアでも映えるスタイリングと幅広く対応するラゲッジスペース
・スズキ小型車初の「後退時ブレーキサポート」などスズキ セーフティー サポートを装備
4WD仕様車には「スポーツモード」「スノーモード」と「グリップコントロール」「ヒルディセントコントロール」を標準装備
・全車1.0L直列3気筒直噴ターボエンジン+マイルドハイブリッドを搭載

スズキ ハスラーとはどんな車?

ハスラー Xターボ(アクティブ イエロー ブラック2トーンルーフ)

スズキ ハスラーの発売日

スズキ ハスラーは、2014年1月8日に発売を開始しました。
2015年12月7日に一部を改良した「2型」に進化し、同時に特別仕様車「J STYLE II」を発売しました。

スズキ ハスラーの開発コンセプト

ハスラーは、軽トールワゴンとSUVを融合させた新しいジャンルの軽自動車として、「アクティブなライフスタイルに似合う軽クロスオーバー」をコンセプトに開発されました。

スズキ ハスラーの特徴

ハスラーの特徴は、軽自動車の規定サイズをギリギリまで使うことにより、軽自動車最大限の室内空間を生み出し、そのデザインは決して角ばっておらず「可愛い」という言葉がぴったりな優れたデザインパッケージです。

・軽自動車規格:3,400×1,480×2,000mm(全長x全幅x全高)以下
・ハスラー車体:3,395×1,475×1,665mm

2014年度のグッドデザイン賞、RJCカーオブザイヤーなど数多くの賞を受賞しています。

スズキ 新型クロスビーとスズキ ハスラーの違いは?

クロスビーとハスラーは一見似ている車のように思えます。
しかし、クロスビーとハスラーはプラットフォームやパワートレインが根本的に全く異なるものであるため、デザイン以外はほとんど全てが異なると言えます。

【クロスビー VS ハスラー】エクステリア(外装)比較

スズキ 新型クロスビー

クロスビー:2トーンルーフ仕様

クロスビーはハスラーとそっくりとは言え、クロスビー(普通小型車)とハスラー(軽自動車)の差は、デザインの自由度が異なりその違いは明確です。
ハスラーは軽自動車規格を最大限に利用しているため、クロスビーに比べて四角に見えてしまいます。
クロスビーは、ハスラーのデザインをベースとしながら、丸くして小型車らしいデザインに仕上がっています。

スズキ ハスラー

ハスラー:2トーンルーフ仕様

ハスラーは、軽ワゴンに引けを取らない広い室内空間を実現しています。
また普段の街乗りとラフロードの走破性と両立しています。
個性的で可愛いと思わせるSUVテイストのデザインは、多くのボディカラーとの組み合わせが可能で自分だけのハスラーをコーディネートすることができます。

【クロスビー VS ハスラー】インテリア(内装)比較

スズキ 新型クロスビー

クロスビー:ピュアホワイトパール

クロスビー:イエローパイピングシート&イエローカラーアクセント

クロスビーのインテリアは、上質なデザインと遊び心を融合しています。
インパネは、カラーパネルを利用したデザインで広さを表現し、外から見える両端部分には、サイドキャップで遊び心を演出しています。

インパネとドアトリムはアイボリーのカラーパネルとし、シートは黒色でボディーカラーに対応した3色(イエロー/オレンジ/アイボリー)のシートパイピング(HYBRID MZのみ)で鮮やかなイメージになっています。

スズキ ハスラー

ハスラー:パッションオレンジ

ハスラー:ブルーパイピングシート

ハスラーのインテリアデザインは、インパネとドアトリムを同色のカラーパネルで揃えています。
カラーパネルは、ボディカラーでもあるパッションオレンジとピュアホワイトを設定しています。
ハスラー A以外のシートは、黒のシートの角をボディーカラーに対応した4色(オレンジ/ブルー/ピンク/ホワイト)のシートパイピングにて飾っています。

【クロスビー VS ハスラー】ボディサイズ比較

クロスビーハスラー (Xターボ/X/Gターボ/G/A)
全長3,7603,395
全幅1,6701,475
全高1,7051,665
ホイールベース2,4352,425
車両重量960 (FF) / 1,000 (4WD)750-820 (FF) / 800-870 (4WD)
乗車定員54
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

ボディサイズの違い

ボディーサイズは、小型車規格のクロスビーの方が一回り大きく5名乗車が可能です。
車両重量もクロスビーの方が重くなっています。

【クロスビー VS ハスラー】エンジンスペック・パワートレイン比較

クロスビーハスラー Xターボハスラー X
エンジン種類直列3気筒DOHC
直噴ターボ
直列3気筒DOHC
インタークーラーターボ
直列3気筒DOHC
排気量1.0L
660cc
最高出力73[99]/5,50047[64]/6,00038[52]/6,500
最大トルク150[15.3]/1,700-4,00095[9.7]/3,00063[6.4]/4,000
モーター最高出力2.3[3.1]/1,000
1.6[2.2]/1,000
最大トルク50[5.1]/100
40[4.1]/1000
トランスミッション6AT
インパネシフトCVT
駆動方式
FF / 4WD
使用燃料
レギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

エンジンスペック・パワートレインの違い

クロスビーと、ハスラーのレギュラーエンジン・ターボエンジンを比較しました。
クロスビーは、新開発のパワートレインを採用しています。
1.0L直列3気筒DOHC直噴ターボエンジンとマイルドハイブリッドを組み合わせることによって、1.5Lの自然吸気エンジンに引けを取らない出力を実現しました。
クロスビーは、グレードに関わらず同じエンジンを搭載しています。

ハスラーは、軽自動車規格の660cc 直列3気筒DOHCインタークーラーターボにハイブリッドを組み合わせたエンジンから、660cc 直列3気筒DOHCまで車種に応じたエンジンを搭載しています。

【クロスビー VS ハスラー】燃費比較

クロスビーハスラー Xターボハスラー X
JC08モード燃費22 (FF)/20.6 (4WD)27.8 (FF)/26.2 (4WD)32.0 (FF)/30.4 (4WD)
実燃費-18.3 (FF)/17.5(4WD)20.4 (FF)/16.7 (4WD)
[単位]km/L
ハスラー Gターボハスラー G (5MT)ハスラー G (CVT)
JC08モード燃費27.8 (FF)/26.2(4WD)26.4 (FF)/25.6 (4WD)32.0 (FF)/30.4 (4WD)
実燃費18.3 (FF)/17.5(4WD)21.4 (FF)/19.0 (4WD)20.4 (FF)/16.7 (4WD)
[単位]km/L
ハスラー A (5MT)ハスラー A (CVT)
JC08モード燃費24.8 (FF)/24.2 (4WD)26.6 (FF)/25.6 (4WD)
実燃費21.5 (FF) /21.9 (4WD)19.0 (FF)/18.5 (4WD)
[単位]km/L

燃費の違い

クロスビーと、ハスラーのベースとなる7グレードを比較しました。
クロスビーとハスラーは、小型車と軽自動車という異なる規格であり燃費としては、軽量なハスラーの方が有利です。
クロスビーはまだ実燃費の情報はありませんが、14.5km/L前後になるとみられ、やはりハスラーの方が有利です。

【クロスビー VS ハスラー】予防安全装備・先進技術比較

クロスビーハスラー
予防安全装備ディアルセンサーブレーキサポート
後退時ブレーキサポート
誤発進抑制機能
後方後発進抑制機能
車線逸脱警報機能
ふらつき警報機能
先行車発進お知らせ機能
ハイビームアシスト
ディアルセンサーブレーキサポート
誤発進抑制機能
車線逸脱警報機能
ふらつき警報機能
先行車発進
お知らせ機能
レーダーブレーキサポート
エマージェンシーストップシグナル
ESP
先進装備全方位モニター用カメラライト
自動消灯システム
グリップコントロール(4WD)
ヒルディセントコントロール(4WD)
新アイドリングストップシステム
エコクール
グリップコントロール(4WD)
ヒルディセントコントロール(4WD)

予防安全装備・先進技術の違い

予防安全装備は、ハスラーの「スズキ セーフティー サポート」を進化させた装備をクロスビーに採用しています。
さらにクロスビーの4WDは、「スポーツモード」「スノーモード」の2つの新モードを追加しました。

【クロスビー VS ハスラー】ボディカラー比較

クロスビーハスラー
3トーンコーディネートミネラルグレーメタリック
スーパーブラックパール
-
2トーンルーフラッシュイエローメタリック ブラック
キャラバンアイボリーパールメタリック ホワイト
クラッシーブラウンメタリック ホワイト
ファーベントレッド ブラック
フレイムオレンジパールメタリック ブラック
スティービーブルーメタリック ブラック
パッションオレンジ ホワイト
サマーブルーメタリック ホワイト
チアフルピンク ホワイト
ムーンライトバイオレットパールメタリック ホワイト
アクティブイエロー ブラック
フェニックスレッドパール ブラック
モノトーンピュアホワイトパール
スーパーブラックパール
ミネラルグレーメタリック
クールカーキパールメタリック
スチールシルバーメタリック
シフォンアイボリーメタリック
ブルーイッシュブラックパール3
ピュアホワイトパール

ボディーカラー・ラインナップの違い

クロスビー:ボディーカラー(3トーン/モノトーン)

クロスビーには、新たに「3トーンコーディネート」が追加されました。
3トーンコーディネートとは、ボディーとルーフを別色にする2トーンに、ドアスプラッシュガードのカラーパネルを組み合わせています。

ハスラーには、「チアフルピンクメタリック」や「サマーブルーメタリック」といった女性や若者に似合うボディカラーがラインアップされているのも、顧客層を意識していると言えるでしょう。

【クロスビー VS ハスラー】グレード構成比較

クロスビーハスラー
グレード数28
グレード名HYBRID
MXHYBRID MZ
Xターボ
X
Gターボ
G
A
Fリミテッド II
J STYLE III
J STYLE III ターボ

グレード構成の違い

クロスビーは、発売直後ということもありまだ2グレードしかラインナップされていません。
ハスラーはデビューから3年経過し、多くのグレードがありますので用途にあったグレードを選べます。

【クロスビー VS ハスラー】新車車両価格比較

クロスビー / ハスラー(ベース車)新車車両価格
車名グレードFF4WD
クロスビーHYBRID MZ2,003,4002,145,960
HYBRID MX1,765,8001,908,360
ハスラーXターボ1,547,6401,674,000
X1,461,2401,587,600
Gターボ1,359,7201,529,280
G (CVT)1,273,3201,399,680
G (5MT)1,183,6801,299,240
A (CVT)1,100,5201,221,480
A (5MT)
[単位]円(消費税込み)

新車車両価格の違い

クロスビーの2グレードと、ハスラーのベースとなる7グレードを比較しました。
小型車と軽自動車の差が価格にも現れています。
価格的にはハスラーの方が有利なのは仕方がないでしょう。

【クロスビー VS ハスラー】3年間の維持費比較

クロスビー・ハスラーの維持費
車種/グレードクロスビー HYBRID MZ
(4WD/6AT)
ハスラー Xターボ
(4WD/CTV)
ハスラー A
(4WD/CVT)
エコカー減税
自動車重量税適用外- 50%- 25%
自動車取得税適用外- 40%- 20%
グリーン化特例適用外- 25%適用外
3年間の維持費
自動車取得税53,60016,700 (- 40%)16,200 (- 20%)
軽/自動車税 (初年度)29,50010,80010,800
軽/自動車税 (2年目)29,5008,100 (- 25%)10,800
軽/自動車税 (3年目)29,50010,80010,800
自動車重量税 (3ヵ年)24,6003,700 (- 50%)5,600 (-25%)
ガソリン代 (3年分)225,103186,514176,432
合計391,803236,614230,632
[単位]円(消費税込み)
年間走行距離:平成27年度国土交通省「自動車燃料消費量統計」から試算し、8,000km/年(普通・小型乗用車)で試算)

新車購入後3年間の維持費を比較

クロスビーの最上位グレードと、ハスラーの最上位と最下位のグレードの3グレードにて維持費を比較しました。
ハスラーは軽自動車ということもあり、またエコカー減税が適用されるので維持費としては有利です。

【クロスビー VS ハスラー】人気はどちらに?

クロスビーの室内

2017年1月〜11月新車販売台数比較

クロスビーは、2017年12月25日に発売になったばかりす。
月間販売目標は、2,000台となっています。

ハスラーは、2017年1月〜11月までに68,406台が販売されました。
軽自動車のSUVとして人気車種です。
発売当時の月間販売目標は、5,000台で2017年もほぼ毎月5,000台をクリアしています。

注:当記事の自動車販売台数は、自動車産業ポータル「MarkLines」を出典としています。(一部車種は編集部調べ)

クロスビーとハスラーどちらを選びますか?

新型クロスビーとハスラーを徹底比較してきました。
同じスズキの車だけでに、仕様やボディーカラーなど似た部分が多く、差をつけがたいところです。
「小型車」か「軽自動車」という比較をすると、新車車両価格、維持費は軽自動車であるハスラーが断然有利です。

大人が5名乗車でき、ラゲッジスペースも確保されているクロスビー。
軽自動車規格で最大限の空間を誇り、維持費が安いハスラー。
どちらも見た目はそっくりなデザインですから、あとはどのような用途で使用するかが選択の最大のポイントになるでしょう。

クロスビー・ハスラーの関連記事はこちらから!

この記事の執筆者

猫田 久太郎この執筆者の詳細プロフィール

漫画「サーキットの狼」がきっかけとなり、1970年後半のスーパーカーブームに感化され未だにその熱が覚めず現在に至っています。 特にヨーロッパ車の文化とデザインに魅了された車好きです。 簡単な修理・整備は自分で行うので車の記事だけでなく、DIYやカー用品についての記事も執筆して...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
www.avto-poliv.com.ua/oborudovanie/dlya-avtopoliva/hunter

Вы можете www.crystalforest.com.ua у нашего менеджера.
Этот авторитетный портал , он описывает в статьях про www.babyforyou.org/.