初めて車と出会う人の為の車情報メディア Rosazzurro [Rosa]

南明奈×ランドローバー レンジローバー イヴォーク Vol.2「14才の夢」Rosazzurroクルマバナシ

車は人生をともに過ごす仲間。”その車“にはどんな想いが詰まっているのだろう――。10代の頃から芸能界で活躍し、今では車好き・カート女子としてもすっかり有名に。『アッキーナ』の愛称で親しまれる南明奈さんに愛車をご持参いただき、車やドライブにまつわるエピソードを存分に語っていただく、Rosazzurroクルマバナシ。

【Profile】南明奈1989年5月15日生まれ。神奈川県 横浜市出身。
血液型:O型
趣味 : ネイル・モータースポーツ (MT 免許有)
特技:和太鼓
愛車:ランドローバー レンジローバー イヴォーク

前回のインタビューはこちら:
Vol.1「マニッシュな彼女」

Vol.2「14才の夢」

南明奈さんの車にまつわる歴史を振り返ってみたいと思います。免許を取得されたのはいつ頃ですか?

誕生日が5月なんですけど、18歳になるピッタリ2ヶ月前から通い始めて、12月頃には免許を取りました。

教習所って、18歳になる前から通えるんですよね。わたしは14歳からこの業界にいるんですけど、仕事を始めた当初から「18歳になったら免許を取って、絶対に車を買うんだ」って決めていて、ずっと貯金していたんです。

やっぱり昔から車に対する憧れをもっていたので、高校と仕事を両立しながら教習所に通うのは大変でしたけど、嬉しかったですね。

学生の頃からお金を貯めて、自分の力で免許を取得されたのですね。免許はスムーズに取得できましたか?

MT免許を選択したんですけど、比較的順調に進められたと思います。ただ、筆記試験で一回落ちちゃいました。技能は100点満点です。

ついに車を運転できるようになり、初めて購入した車はなんですか?

トヨタのヴォクシーです。免許を取った後、すぐに買いました。

トヨタのミニバンですね。なぜヴォクシーを選ばれたのですか?

まだ免許を持っていなかった頃、ヴォクシーが街で走っているのをみかけて「あれかっこいい!なんて車?」と。それ以来、1台目に買う車はヴォクシーにしようと決めていました。ヴォクシーを買った頃はまだ実家で暮らしていたので、家族兼用で。四角っぽい見た目がタイプで、乗り心地も良かったですね。

新型が出たのをきっかけに乗り継いだので、これまで合計2台のヴォクシーに乗っています。それくらい気に入っていました。私の車というより、家族の車ですけど(笑)。

そのあと都内で一人暮らしを初めて、ダッジ ナイトロを買いました。

これらの愛車以外にも、三輪バイクに乗られていたんですよね。

20歳くらいのときかな。ヤマハ マジェスティ トライクに。

どういう経緯で知り、購入に至ったのですか?

じつはバイクにも密かに憧れがあって……二輪免許は欲しいけどなかなか時間が作れなかった時期に、お仕事で行ったロケ先にたまたまトライクが置いてあったんです。

気になって調べてみたら、普通車の免許で運転できることを知って。これなら気軽にバイク気分を味わえると思って買いました。

バイクに憧れがあったんですね。トライクに乗った時はどう感じられましたか?

開放感がありますね。同じ道でも車で通るのとトライクで通るのでは全く見え方が違うんです。景色をダイレクトに感じるというか、季節や空気感を肌で感じられるから、すごく楽しいですね。

これまで様々な車に乗られていますが、いつか乗ってみたい、憧れの車はありますか?

リンカーン ナビゲーターですね。四角くて大きくて、私の中で一番理想の形。ただサイズが大きすぎて、さすがに都内で運転する勇気が無い……。

それなのでまだ自分で買うタイミングでは無いのですが、いつかリンカーンを手に入れたいです!

そもそも、南明奈さんが車を好きになったきっかけは?

両親が車好きだったことですね。父親はバニングというカスタムをした車に乗っていて、小さい頃から身近に車がある生活でした。

※バニング(vanning)とは、ワンボックス車をベースに内外装を改造するカスタム手法。1960年代、アメリカの西海岸で暮らす若者が安価なバンを購入し、独自に装飾を施した事に端を発する。

みなさんが車好きだったんですね。ご家族で車に乗って出かけることも多かったのですか?

よく行きましたね。この仕事を始める前までは、毎年横浜の実家から青森のおじいちゃんおばあちゃんのお家までバニングに乗って行ってました。

それは大変な距離ですね。

青森は青森でも、大間町っていう高速降りてからさらにまた下道を5時間くらい走るような、端っこなんです。だから距離的には大変でしたね。

現在所有されているイヴォークですが、どれくらいの頻度で運転されていますか?

お仕事ではほとんど使わないので、あんまり多くはないです。都内だと駐車場代がすごく高いし……。乗るとしたら、ディズニーランドとかお台場とか、遊びに行く時ですね。

運転してる時は余計なことを考えないから、すごく気分転換になります。嫌なことがあっても、運転してお家に帰ってきた頃には「どうでもいいや」ってなってたり(笑)。リフレッシュするのにぴったりですね。

14歳の頃から免許代を貯め続け、18歳で念願の免許取得を叶えたという南明奈さん。学業やお仕事と同時に教習所に通い続けることは、容易ではないはず。南明奈さんのクルマ愛が伺えるエピソードでした。

次回“Rosazzurroクルマバナシ”第3回では、南明奈さんがタイで経験した、壮絶なカートデビューについて語っていただきます。トラウマ級のアクシデンントにも関わらず、すっかりカートの虜に?

続きを読む
Vol.3「素直な横顔」
Vol.4(最終回)「エスコートの心得」

ランドローバー レンジローバー イヴォーク基本情報

レンジローバー イヴォーク COUPE HSE DYNAMIC
車両価格(消費税込)¥7,205,000 〜
乗車定員(人)5
全長×全幅×全高(mm)4,355×1,900×1,625
ホイールベース(mm)2,660
エンジン・2.0L 直列4気筒ディーゼル(180PS)
・2.0L 直列4気筒ガソリン(240PS)
トランスミッション9速AT
駆動方式4WD
※データは2017年12月現在 現行モデル。
※レンジローバー イヴォーク(2018年モデル)は、502万円より。

取材:米永豪、三浦眞嗣
文:米永豪
撮影:市川晶

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す

https://topobzor.info

https://topobzor.info

success book