初めて車と出会う人の為の車情報メディア Rosazzurro [Rosa]

南明奈×ランドローバー レンジローバー イヴォーク Vol.1「マニッシュな彼女」Rosazzurroクルマバナシ

車は人生をともに過ごす仲間。”その車“にはどんな想いが詰まっているのだろう――。10代の頃から芸能界で活躍し、今では車好き・カート女子としてもすっかり有名に。『アッキーナ』の愛称で親しまれる南明奈さんに愛車をご持参いただき、車やドライブにまつわるエピソードを存分に語っていただく、“Rosazzurroクルマバナシ”。

【Profile】南明奈1989年5月15日生まれ。神奈川県 横浜市出身。
血液型:O型
趣味 : ネイル・モータースポーツ (MT 免許有)
特技:和太鼓
愛車:ランドローバー レンジローバー イヴォーク

Vol.1「マニッシュな彼女」

今回お持ち頂いた南明奈さんの愛車「ランドローバー レンジローバー イヴォーク」は、どのような経緯で購入に至ったのですか?

イヴォークを買う前は『ダッジ ナイトロ』っていう大きなSUVに乗っていたんです。ナイトロはすごく気に入ってたんですけど、やっぱり都内を運転するには大きすぎちゃって……。

そこでもう少し小さい車に買い換えようと思って、この子(イヴォーク)に決めました。

購入の決め手はなんですか?

広告をたまたま見て「これかっこいい!」と、一目惚れですね。すぐにお店に見に行きました(笑)。当時は新車じゃ買えないくらいイヴォークが人気だったんですけど、運良くキャンセルが出たおかげで、手に入れることができたんです。

それは幸運でしたね。イヴォークの他にも候補はありましたか?

新しい車を買おうと決めてからは、いろんな車に試乗させて頂きました。
都内で運転するなら小さい車が楽かなと思って、ミニクーパーに乗って見たり。ミニはナイトロに比べれば乗りやすかったんですけど、なんかしっくりこなかったんです。

そうして色々悩んでいるところで、このイヴォークに出会いました。やっぱり私はゴツくて四角い感じの子が好きなんですよね(笑)。

イヴォークはかなり幅が広い車ですが、その点で苦労することはありませんか?

ヴォクシーにナイトロと、今までも大きな車に乗ってきたので、苦ではないですね。

ナイトロに乗っていた頃は大きすぎて不便に感じることも?

そうですね。都内は道路も駐車場も狭いですから、それが大変だなぁって感じてました。それに比べて、イヴォークなら軽々行けちゃいます。

もうナイトロは乗れないかなぁ。(笑)

レンジローバー イヴォークで、南明奈さんが特に気に入っているポイントはどこですか?

見た目はもちろん、3ドアだけど後部座席も快適に座れるし、荷物もしっかり載るし、全てにおいてサイズ感がちょうど良いですね。

値段を知った時は思わず「わぁ!」って叫んじゃいましたけど(笑)。

イヴォークに関しては、しばらく乗り続けようっていうぐらい気に入ってます。

レンジローバー イヴォークは、2010年に発表された英・ランドローバーが販売するラグジュアリー・コンパクトSUV。それまでのレンジローバーが持つ無骨なイメージを覆す、小ぶりでシャープなデザインは見る者に強烈なインパクトを与えた。3ドアクーペと5ドアモデルに加え、2016年には電動ソフトトップを備えたコンバーチブル・モデルも追加。

イヴォークのインテリアはシンプルでスタイリッシュ。水平に広がるインストルメントパネルと、垂直に伸びるセンタコンソールのラインが特徴的だ。また、上質なレザーをシートやドアなど随所にあしらうことで、伝統のレンジローバーらしい高級感を演出する。

グレードやオプションなど、イヴォークを購入する際にこだわったポイントはありますか?

車の色は基本的に黒と決めているので、ボディカラーは黒に。それに合わせて、ホイールもエンブレムも黒に統一しました。お父さんが大の車好きなので、車を買う時は家族で相談しながら決めるんです。パンフレットを家に持ち帰って、「ここは黒にした方がかっこいいんじゃないか」なんて。

お母さんも車には詳しい方で、お父さんとお母さんと、いつも家族3人で話し合ってます。

南明奈さんが所有するイヴォークのリアに配されたエンブレム。オプションにより、背景色は通常のグリーンからブラックに変更されている。

ブラックカラーの20インチ・アロイホイールはイヴォークの足元を引き締め、よりスポーティーに魅せる。

ご家族で車好きなんですね。

お父さんは※バニングっていうカスタムをした車に乗っていて、小さい頃から車のある生活でした。日曜日には家族3人で洗車したり、『オートバックス』に行ったり。

お留守番をする時には、漫画の代わりにカーセンサーを眺めてました(笑)。

※バニング(vanning)とは、ワンボックス車をベースに内外装を改造するカスタム手法。1960年代、アメリカの西海岸で暮らす若者が安価なバンを購入し、独自に装飾を施した事に端を発する。

ナイトロやイヴォークなど、南明奈さんはかなり迫力のある車を乗り継いでいらっしゃます。南さんにとって大きな車の魅力はなんですか?

私は昔から、“カワイイ”より“カッコイイ”の方が好きなんです。大きい車って男っぽいけど、それを女性がさらっと乗りこなす姿に憧れがあります。

子供の頃に和太鼓をやってたんですけど、それも女性の先輩が演奏しているのを見たのがきっかけだったんです。和太鼓は男性的なイメージがあると思うんですけど、女性がやるとまたカッコ良いというか。

その時から、ゴツくてかっこいいものが好きなんでしょうね。

南明奈さんはかなりカスタマイズ好きだと伺っていたのですが、イヴォークはノーマルの状態に近いですよね。

そうですね。ナイトロは車高を下げたりステップをシルバーに変えたりしていて、それ以前に乗ってたヴォクシーもかなりカスタムしてました。

でもイヴォークはやっぱりそのままがカッコ良いから、ほとんど見た目はノーマルのままですね。

フロントに冠された「RANGE ROVER」エンブレムはブラックカラーに変更。南明奈さんの黒へのこだわりが表れている。

車を選ぶ際には、何を重要視しますか?

うーん……、とりあえず見た目! 機能性はそんなに気にしないですね(笑)。

車に乗る際のファッションについてお伺いします。南明奈さんは、乗る車に合わせて服装を考えますか?

そうですね。車によって、その車の雰囲気に合った服装かどうかを考えます。

例えば道路にかっこいい車が停まっていて、ふとドライバーの服装を見たときに、車との色合いがミスマッチだとすごく勿体無いなって思うから。だから、私は車に合わせてファッションを変えますね。

イヴォークに乗る場合はどんな服を着られるのですか?

オールブラックが多いですね。ちょっとクールなイメージで。この子に乗る時は、「イヴォークが似合う女にならなきゃ」って、身が引き締まります(笑)。

イヴォークが日本に上陸してすぐ、一目惚れして購入を決めたという南明奈さん。ボディカラーから内装、ホイール、エンブレムに至るまで全て黒に統一されたレンジローバー イヴォークに、とても満足されている様子。

次回“Rosazzurroクルマバナシ”第2回では、南明奈さんのカーライフをさらに深掘り。カートや三輪バイクも乗りこなすほどクルマが好きだという彼女が、芸能界入りした14歳の頃から抱いていた“夢”とは?

続きを読む
Vol.2「14才の夢」
Vol.3「素直な横顔」
Vol.4(最終回)「エスコートの心得」

ランドローバー レンジローバー イヴォーク基本情報

レンジローバー イヴォーク COUPE HSE DYNAMIC
車両価格(消費税込)¥7,205,000 〜
乗車定員(人)5
全長×全幅×全高(mm)4,355×1,900×1,625
ホイールベース(mm)2,660
エンジン・2.0L 直列4気筒ディーゼル(180PS)
・2.0L 直列4気筒ガソリン(240PS)
トランスミッション9速AT
駆動方式4WD
※データは2017年12月現在 現行モデル。
※レンジローバー イヴォーク(2018年モデル)は、502万円より。


取材:米永豪、三浦眞嗣
文:米永豪
撮影:市川晶

【出演者一覧】インタビュー特集はこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す

Был найден мной важный блог со статьями про eva-mebel.com.ua.
baden-medservice.com

rtic tumbler 30 oz