初めて車と出会う人の為の車情報メディア Rosazzurro [Rosa]

【新車で最安は?】おすすめの安い外車ランキングTOP10|維持費が安いのは?

外車に憧れている方は多いのではないでしょうか? 「外車=高価」というイメージが強く、購入に踏み切れなかったあなた! それはもう昔の話です。 今では国産車と同価格帯で外車を手に入れることができる時代です! おすすめの安い外車ランキングを参考にしてください!

安い外車の魅力!

スマート フォーツー

外車の魅力とは何でしょう。
その国の文化とともに進化してきた特徴のある個性的な内外装のデザイン・機能、またはステイタスと考える人もいるでしょう。
それと同時に、外車には高価でなかなか買えないというイメージがいまだに残っています。

しかし最近の外車には、国産車と変わらない価格帯やそれ以上に安い車種も登場し、日本車には無い個性的な「安い外車」を楽しむことができるようになりました。
国産車には無い一味違う内外装のデザイン、そして世界的に有名なメーカーの外車を比較的安価で所有できることが、安い外車の魅力です。

おすすめの安い外車ランキングTOP10

以下で紹介する「おすすめの安い外車ランキング」では、日本の正規ディーラーで販売されている新車の「メーカー希望小売価格」で、もっとも安いグレードの価格を基準としてランキングしました。

安い外車の自動車税は高い?

外車を購入するにあたって特に気になる税金は、国産車/外車を問わずに車の大きさ・重量・エンジンの排気量で決まりますので差はありません。

安い外車の外装・内装装備の品質は大丈夫?

参考:ルノー トウィンゴ ミッドナイトの内装

「外車=壊れる」と言われた時代もありましたが、外車の品質はかなり向上してきました。
正規ディーラーではきちんとした保証が用意されており、また保証を延長できるメーカーもありますので昔ほど心配する必要はないでしょう。

安い外車の内装装備

安い外車の場合、昔は同価格帯の国産車と比較して、カップホルダーや小物入れが少ないなど内装装備に不満がありました。
また内装の材質も、プラスチックを多用することでプアに感じることがありましたが、最近はそのようなことも少なくなり価格に見合った内装装備と言えます。
どうしても内装装備が気になる方は、カタログだけではなく自分の目で確認しましょう。

【第1位】おすすめの安い外車ランキング

フォルクスワーゲン move up! (2ドア)

フォルクスワーゲン move up!

「フォルクスワーゲン up!」は、ドイツのフォルクスワーゲンが製造・販売するコンパクトカーです。
2018年1月現在、日本の正規ディーラーで一番安く購入できる外車であり、なおかつおすすめできる外車です。
日本の軽自動車より一回りほど大きいボディサイズですが、日本の狭い道や駐車場でも扱いやすいです。
ボディの四隅にタイヤを配置することによって、室内のスペースを最大限に確保し、大人4人が快適に乗車することができます。
また、ボディ前後のオーバーハングが少ないことが、車両感覚を掴みやすくし、取り回しの良さにも貢献しています。

フォルクス ワーゲンmove up! (2ドア)の新車価格

フォルクスワーゲン move up!の新車価格は、159.9万円です。

コンパクトなボディに大人4名が乗車できる点を考えれば、コストパフォーマンスに優れた車と言えます。
ただし、前後のオーバーハングが小さいこともあり、トランクスペースは最小限です。

フォルクスワーゲン up!について詳しくはこちら

【第2位】おすすめの安い外車ランキング

ルノー トゥインゴ ZEN MT

ルノー トゥインゴ ZEN MT

ルノー トゥインゴは、1993年より製造・販売が開始され、現在は3代目となります。
初代(1993〜2007年)は、フランス車らしいフカフカのシートに愛嬌のあるフロントマスクで、女性にも人気がありました。
初代、2代目(2007〜2103年)までは、FFのレイアウトでしたが、現行車の3代目はメルセデス・ベンツとの提携により、プラットフォームを「スマート・フォーツー/フォーフォー」と共用することで、FFとは真逆のRRになりました。
フロントマスクのデザインは相変わらず可愛らしく、ルノーブランドのほかの車と似たデザインのため、一目でルノー車とわかります。

ルノー トゥインゴ ZEN MTの新車価格

ルノートゥインゴ ZEN MTの新車価格は、171万円です。

171万円のモデルは5速MTのみの設定です。
AT車の最安グレードは6速EDC採用の「INTENS」となり、価格は189万円になりますがそれでもお値打ちな価格です!

ルノー トゥインゴについて詳しくはこちら

【第3位】おすすめの安い外車ランキング

ルノー ルーテシア アクティフ

ルノー クリオ(欧州仕様車)

ルノー ルーテシアは日本国内の車名で、他国ではクリオ(CLIO)です。
2016年にフランス国内において販売台数1位を獲得した、フランスでもっとも愛されているフランス車です。
現行車は5ドアモデルのみで、3つのグレードがあります。
フロントグリルからヘッドラインにかけては、近年のルノー車のアイコンとも言える共通したデザインで存在感があります。

ルノー ルーテシア アクティフの新車価格

ルノー ルーテシア アクティフの新車価格は、199万円です。

アクティフは注文生産車となっていますので、注文から納車まで時間が掛かりますが、お値打ちな価格です。

ルノー ルーテシアについて詳しくはこちら

【同率3位】おすすめの安い外車ランキング

プジョー 208 スタイル 5MT

プジョー208 スタイル 5MT

プジョー208は、プジョー207の後継車で 2012年に登場しました。
プラットフォームはシトロエンC3と同じ「グループPSA」のPF1を継続して採用していますが、ボディのデザインは近年のプジョーに見られる洗練されたデザインとなっています。
プジョー208には、6種類のバリエーションがあります。
前後のオーバーハングを詰めて全長を4m以下に抑えた、車両感覚が掴みやすいコンパクトなデザインです。

プジョー208 スタイル 5MTの新車価格

プジョー208 スタイル 5MTの新車価格は、199万円です。

1.2Lエンジンに5MTを組み合わせたプジョー208のエントリーモデルとなります。

プジョー208について詳しくはこちら

【第5位】おすすめの安い外車ランキング

フィアット 500 1.2 Pop

フィアット 500 1.2 Pop

フィアット 500は、イタリアのフィアットが2007年から製造・販売しています。
フィアット500としては3代目にあたり、一般的に新型フィアット500と呼ばれています。
2代目を現代風にアレンジしたその外観はとても愛らしく、女性からの人気も高い車です。
初代はFR、2代目はRR、そして3代目の現行車はFFとそれぞれの年代で異なる駆動方式を採用している珍しい車とも言えます。

フィアット 500 1.2 Popの新車価格

フィアット500の新車価格は、199.8万円です。

フィアット500のエントリーモデルです。
フィアット500には、アバルトがチューンナップしたスポーツモデルも存在し、アバルトとフェラーリがコラボレーションした「アバルト695 トリブート フェラーリ」は当時、新車価格で約670万円でした。

フィアット500について詳しくはこちら

【第6位】おすすめの安い外車ランキング

フォルクスワーゲン ポロ TSI トレンドライン

フォルクスワーゲン ポロ TSI トレンドライン

フォルクスワーゲン ポロは、主力モデルであるゴルフの弟分となるコンパクトカーで、日本においてはユーザーの60%が女性です。
ゴルフは他メーカーの主力製品と同様に、モデルチェンジごとにボディサイズが拡大されましたが、ポロはコンパクトカーのベンチマーク的存在で、5代目(日本での現行車)まで全幅を1,700mmに抑えてきました。
そのポロも、2017年に発表され、間も無く日本にも導入される6代目モデルの全幅が1,800mmを超えました。
ナンバーも3ナンバーとなり「小さなゴルフ」というような印象になります。

フォルクスワーゲン ポロ TSI トレンドラインの新車価格

フォルクスワーゲン ポロ TSI トレンドラインの新車価格は、199.9万円です。

まさに今が、5ナンバーサイズの現行車を日本で新車購入する最後のチャンスです。

フォルクスワーゲン ポロについて詳しくはこちら

【第7位】おすすめの安い外車ランキング

フィアット パンダ イージー

フィアット パンダ イージー

現行のフィアット パンダは、2011年に発表された3代目となります。
フィアット500やランチア イプシロンと、共通したプラットフォームを使用しています。
2代目と比較すると、全高以外はサイズアップされ、室内空間が拡大されました。
全高は1,550mmとなっており、タワーパーキングに収容できるサイズとなっています。

フィアットパンダ イージーの新車価格

フィアット パンダ イージーの新車価格は、 213.8万円です。

小さなボディに5人が乗車できる使い勝手もいいコンパクトカーです。

フィアット パンダについて詳しくはこちら

【第8位】おすすめの安い外車ランキング

シトロエン C3 フィール

シトロエン C3 フィール

シトロエン C3は、2016年に3代目となる新型C3となりました。
フロントマスクのデザインは、C4ピカソと共通するデザインとなり、ボディサイドには、エアバンプが装着されました。
日本の正規ディーラーでは、ボディカラー全7色、バイトーンルーフ2色の組合せを組み合わせることができます。
バイトーンルーフを選択すると、ルーフ・ドアミラー・フォグランプベゼル、エアバンプのワンポイントが同色になり、チャームポイントとなります。

シトロエン C3 フィールの新車価格

シトロエン C3 フィールの新車価格は、216万円です。

バイトーンルーフ(ルーフ/ドアミラー/フォグランプベゼル/エアバンプに別色を設定できる2トーン)仕様車は、シトロエン C3 シャイン モデルとなり新車価格は239万円となります。

シトロエン C3について詳しくはこちら

【第9位】おすすめの安い外車ランキング

スマート フォーフォー パッション

スマート フォーフォー パッション

スマート フォーフォーは、2人乗りのフォーツーに後部座席を設けた5人乗りのコンパクトカーです。

現行車のスマート フォーフォーは、2014に2代目となりました。
初代スマート フォーフォーは FFでしたが、2代目はルノー・トゥインゴと同じプラットフォームを使用することで RRとなりました。

スマート フォーフォー パッションの新車価格

スマート フォーフォー パッションの新車価格は、216万円です。

上級グレードに「フォーフォー・プライム」「フォーフォー・ターボ」「フォーフォー・プラバス」がラインナップされています。

スマート フォーフォーについて詳しくはこちら

【第10位】おすすめの安い外車ランキング

MINI 3 DOOR ONE

MINI 3 DOOR ONE

MINI ONEは、BMC時代のMINIをイメージして、2001年にBMWから発売されました。
BMCのMINI(クラシック MINI)と区別するために、New MINI、BWM MINIなどと呼ばれます。
デザインはクラシックMINIと似てはいますが、そのボディサイズは、MINIとは呼べない大きなサイズになりました。
現行車は2代目となり、日本では2007年に導入されました。

MINI 3 DOOR ONEの新車価格

MINI 3 DOOR ONEの新車価格は、230万円です。

ボディタイプは、「3ドア」「5ドア」「コンパーチブル」「クラブマン」「クロスオーバー」がラインナップされています。

MINIについて詳しくはこちら

【2017年度版】おすすめの安い外車ランキング一覧

順位車名価格
1フォルクスワーゲン move up!(2ドア)159.9万円
2ルノー トゥインゴ ZEN MT171万円
3ルノー ルーテシア アクティフ199万円
3プジョー 208 スタイル 5MT199万円
5フィアット 500 1.2 Pop199.8万円
6フォルクスワーゲン ポロ トレンドライン199.9万円
7フィアット パンダ イージー213.8万円
8シトロエン C3 フィール216万円
9スマート フォーフォー パッション216万円
10MINI 3 DOOR ONE230万円
[単位]円(消費税込み)

コンパクトカーがメインですが、各メーカーそれぞれ個性のある車がランキングされました。
自分の生活スタイルにあったカーライフを満喫することができるお気に入りの1台を検討する参考になれば嬉しい限りです!

TOP10ランキング車の維持費を比較!

車名自動車取得税自動車税自動車重量税ガソリン代合計金額
フォルクスワーゲンup!39,60088,50015,000 (*1)161,018304,118
ルノー トゥインゴ46,17088,50024,600163,244322,514
ルノールーテシア53,730103,50036,900203,586397,716
プジョー20853,730103,50036,900194,637388,767
フィアット50053,940103,50024,600182,597364,637
フォルクスワーゲンポロ39,900 (*2)103,50029,500 (*2)159,567332,467
フィアットパンダ57,72088,50036,900192,521375,641
シトロエンC358,320103,50036,900189,433388,153
スマートフォーフォー54,00088,50036,900158,852338,252
MINI ONE62,100103,50036,900184,499386,999
[単位] 円
自動車税・自動車重量税・ガソリン代は3年分を試算
(*1) 自動車重量税:重量税本則税率
(*2) 自動車取得税:20%減 / 自動車重量税:25%減

今回ランキングした車を新車購入した場合に3年間に掛かる維持費として、新車購入時の税金(取得税・自動車税・重量税)とガソリン代を試算しました。

維持費が一番安いのは、ランキングで第1位だった「フォルクスワーゲン up!」でした。
エコカー減税対象となる車はやはり維持費が安くなりますが、今回ランキングした車はコンパクトカーで燃費もよかったので、思っていたより大差はつきませんでした。

< 試算条件 >
・1月に購入(登録)を前提とする
・エコカー減税適応は、(*1)(*2)、減額された金額を記載
・ガソリン代は、平成27年度国土交通省「自動車燃料消費量計」から8,000km/年とする
 ガソリン単価は全国平均:2017年12月20日のハイオク 146.7円
 燃費はメーカー公表値
・車検時点検費用、タイヤ、ワイパーなどの消耗品、オイル交換代、自動車保険(任意保険)などの変動が大きい費用は省略しています

外車の維持費は国産車より高い?

実際の維持費には、車検/点検費用・消耗品(オイル/タイヤ/ワイパーなど)交換代・任意保険・駐車場代などがあります。
車の使い方(走り方)によってメンテナンスする箇所、消耗品を交換するサイクル、任意保険は等級や運転免許証の色、補償内容(運転者の範囲、車両保険など)、駐車場代は地域によって異なりますので、単純に比較することが困難ですが、維持費は一般的に外車の方が高くなります。

国産車と比較して外車の修理代が高くなる要因は、主に部品の価格と流通によります。
国内で製造していない部品が多く、それらは輸入することになり、部品によっては年数が経過するほど流通しなくなり、単価が上がることもしばしばあります。
また国産車を取り扱う正規ディーラーやショップは、近所にも多く見かけることと思いますが、外車の正規ディーラーや外車を取扱うショップが近くにないと、その交通費だけでも負担になることがあります。
カー用品店での作業では、外車というだけで工賃が高くなるケースもあります。

その他、外車と国産車の維持費の比較については、下記の記事を参照していただければと思います。

新車価格+維持費で比較したTOP3!

順位車名新車価格+維持費
1フォルクスワーゲン move up!(2ドア)1,903,118
2ルノー トゥインゴ ZEN MT2,032,514
3プジョー 208 スタイル 5MT2,378,767
[単位]円(消費税込み)

新車で購入した際の「車両価格」+「3年間維持費」で比較した安い外車のTOP3です。
フォルクスワーゲン move up!(2ドア)がトップでした。

同価格帯の国産車と比較すると、ガソリン代については国産車の方が有利と言えます。
その理由はハイオク指定の外車と比べ、同価格帯の国産車はレギュラー指定だからです。

外車のスポーツカーも安く購入するのは可能?

外車といえばスポーツカーに憧れる人も多いと思いますが、流石にスポーツカーともなると、エンジン出力・サスペンション周りが異なりますので、価格的にコンパクトカーと同等とはいかずランキング外という結果になりました。

しかし、中には比較的安価で購入できる外車スポーツカーも存在します。
安い外車スポーツカーのボディタイプとしてはやはり「コンパクト」となりますが「(オープン)2シーター」もその射程に入ります。
それぞれのボディタイプによる安い外車のスポーツカーをご紹介します。

安い外車のスポーツカー:アバルト 595

アバルト 595

「アバルト 595」です!
新車価格は、293.7万円(消費税込)です。

形を見ればお分かりの通り、フィアット500がベースとなっています。
アバルトは、フィアット車のチューニングメーカーとして有名で、1949年にイタリアで設立後、フィアット車でモータースポーツに参戦し、チューニングパーツの製造・販売をしていました。
現在は、フィアット傘下の子会社となっています。

アバルト 595について詳しくはこちら

安い外車のスポーツカー:アバルト124スパイダー

アバルト124スパイダー

アバルト124スパイダーの新車価格は、398.6万円(消費税込)からです。
マツダ ロードスターをベースとしたフィアット124スパイダー(日本未発売)をチューンナップしたのが、アバルト124スパイダーです。
スポーツカーでも2ペダルが当たり前になっている現代で、6速MTミッションを採用しており、自分で車を操ることを楽しむことができるスポーツカーです。

アバルト124スパイダーについて詳しくはこちら

日本で正規販売されていない一番安い外車は?

タタ自動車 ナノ

今回は、日本の正規ディーラーを通して、日本で新車購入できるおすすめの安い外車ランキングでしたが、最後に日本に正規輸入されていない一番安い外車を紹介させていただきます!

インドの「タタ モーターズ GenX Nano 」

日本円に換算すると約35万円(2017年12月現在)ですから、新車としてはかなりお安いです!
一体どんな車なのでしょうか?
気になる方は、下記の記事をご覧ください!

タタ自動車 ナノについて詳しくはこちら

安い外車でカーライフを楽しみましょう!

スマート フォーフォー エレクトリック ドライブ

外車は決して高価なものばかりではなく、国産車と同等価格帯で購入できる新車が増えてきました。
その多くはコンパクトカーですが、日本の狭い道路事情を考えれば乗りやすい車と言えるでしょう。
内外装ともに国産車には無い個性的な外車を所有することで、楽しいカーライフを過ごすことができます。
カタログの写真だけではなく、一度ディーラーで実車を見ればその虜になってしまうかもしれません。

外車に関するおすすめ記事はこちらから!

この記事の執筆者

猫田 久太郎この執筆者の詳細プロフィール

漫画「サーキットの狼」がきっかけとなり、1970年後半のスーパーカーブームに感化され未だにその熱が覚めず現在に至っています。 特にヨーロッパ車の文化とデザインに魅了された車好きです。 簡単な修理・整備は自分で行うので車の記事だけでなく、DIYやカー用品についての記事も執筆して...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
here best-cooler.reviews

apach.com.ua/shop/category/barnoe-oborudovanie/miksery

www.profvest.com/2015/05/individualniy-invest-schet-iis.html