初めて車と出会う人の為の車情報メディア Rosazzurro [Rosa]

【2017年版】アメ車のフルサイズバンおすすめ人気ランキングTOP10|中古車で買うなら!

アメ車のフルサイズバンは1960年代に登場し、大家族のファミリーカーや商用としてだけではなく、警察や消防など様々な場面で活躍しています。 日本では若い世代を中心に人気が出てきています。 そんなアメ車のフルサイズバンのおすすめ人気ランキングを紹介します!

アメ車のフルサイズバンとは?

フルサイズバンとは、アメリカにおける車のカテゴリーのひとつで、元々は商用の荷物を運ぶ屋根付きの箱型車のことを言います。
フルサイズバンを具体的な定義するサイズはありませんが、標準的なフルサイズバンとしてのサイズは以下の通りです。

 ・全長:5.5m 以上
 ・全幅:2m 以上
 ・全高:2m 以上

また次の4項目が、フルサイズバンの特徴と言えます。

 ・短いフロントボンネット。
 ・ボディは大きな長方形の立方体で屋根付き。
 ・多くの定員と荷物を積載できる広い車内。
 ・低速から実用的な力強いトルク。

4WD仕様車もあるフルサイズバンの魅力!

「フルサイズバン」の駆動系の基本はFRですが、車種によっては4WDのフルサイズバンもあります。
4WDで雪道や凍結路に強くなり、冬季でもフルサイズバンが使いやすくなります。

「フルサイズバン」の魅力は何と言ってもその大きさです。
車種によっては最大15名まで乗車でき、後部座席を畳んで多くの荷物を楽々搭載できる積載量は、商用モデルだけではなく乗用モデルとしても活躍します。
また大きな排気量の多気筒エンジンが絞り出す低速トルクで、車を力強く引っ張る走りも魅力です。

そんなフルサイズバンの魅力を、中古市場での人気などを参考に編集部が独自にランキングしご紹介します。

【第1位】アメ車のフルサイズバンおすすめ人気ランキング

フォード エコノライン

1990年:フォード エコノライン

1986年:フォード エコノライン - Fed-Ex 仕様

「フォード エコノライン」は、アメリカを代表するフルサイズバンの1台です。
アメリカの「フルサイズバン」の元祖であり、累計販売数もトップで、「フルサイズバン=エコノライン」と言っても過言では無いアメリカでは有名な車です。
元来コマーシャル用(商業モデル)として登場したエコノラインは、1961〜2014年(2001年からは、Eシリーズに改名)まで製造・販売されていました。
アメリカでは、運送会社が貨物用と利用するだけではなく、警察、消防、行政などもその用途によりモディファイして利用されていました。
3代目(1971〜1991年)からは商業モデルをエコノライン、乗用モデルをクラブワゴンと呼ぶようになりました。

フォード エコノラインの中古車価格

フォード エコノラインの中古車価格の目安は以下の通りです。

初代(1961〜1967年):250〜300万円
2代目(1968〜1974年):200〜250万円
3代目(1975〜1991年):50〜300万円
4代目(1991〜2000年):50〜100万円

3代目以降は価格差が大きくなっています。
その理由は標準型に加え、キャンピングカーなどの仕様の違いが価格に現れています。
2001年からはEシリーズと改名してますので、2000年までの価格を記載してあります。

【第2位】アメ車のフルサイズバンおすすめ人気ランキング

フォード Eシリーズ

2008年:フォード Eシリーズ(ワゴン)

「フォード Eシリーズ」は、「フォード エコノライン」の最終型である4代目(1992〜2014年)の2001年にエコノラインから改名されました。
Eシリーズは、エコノラインに含まれて表記されることが多いのですが、中古市場ではそれぞれの車名で取り引きされていますので、ここでは分けてランキングしています。
2008年のビッグマイナーチェンジでは、フロントマスクがFトラックシリーズの雰囲気があるデザインに変更され、現代的な車に変身を遂げたことにより、従来のエコノラインとは異なる印象があることもEシリーズとして分けた理由のひとつです。

フォード Eシリーズの中古車価格

フォードEシリーズの中古車価格は、大きく2モデルに分類することができます。

2001〜2007年モデル:200〜300万円
2008〜2013年モデル:300〜500万円

フロントマスクが新しくなったモデルの方が、高価で取り引きされています。

【第3位】アメ車のフルサイズバンおすすめ人気ランキング

ダッジ ラムバン

1994年:ダッジ ラムバン

「ダッジ ラムバン」は、クライスラーが製造・販売するフルサイズバンです。
ピックアップトラックの「ダッジ ラム」と間違われることがありますが、「ダッジ ラムバン」は、1970年の登場以来33年間に及び製造・販売され、2003年で販売が終了しています。
「ダッジ ラム」の方は、クライスラーがフィアット(イタリア)傘下に下った2009年に商用自動車部門の単独ブランド「ラム トラックス」として独立しました。

ダッジ ラムバンの中古車価格

ダッジ ラムバンの中古車市場において、初代はほとんど流通しておらず、あってもASK(価格問い合わせ)となっています。
1979年以降の2代目からも大きな価格差はありません。
年式ではなく、仕様によって価格差があります。

2代目(1979〜1993年):100〜300万円
3代目(1994〜2003年):100〜300万円

【第4位】アメ車のフルサイズバンおすすめ人気ランキング

シボレー エクスプレス

2003年:シボレー エクスプレス

「シボレー エクスプレス」は、ゼネラルモーターズが製造・販売するフルサイズバンです。
同社のシェビーバンの後継車として登場しました。
主に商用車として使用されることが多かったのですが、乗用車としてもその広い車内スペースを活かして、キャンピングカーやVIP用など様々な用途に使用されています。
日本に輸入されたモデルでは最大8名乗車でしたが、アメリカでは最大15名が乗車できるモデルも存在していました。

シボレー エクスプレスの中古車価格

シボレー エクスプレスは、1996年に登場した比較的新しい車です。
中古車価格としては、2000年以前のモデルでは、70〜100万円です。
その他の中古車市場は、2013/2014年モデルで、600〜700万円代、2016年モデルではほぼ新車ということもあり、800万円代とかなりの差があります。

アメリカ本国では現在も新車を販売していますが、日本では現在正規輸入をしていません。

【第5位】アメ車のフルサイズバンおすすめ人気ランキング

GMC サバナ

2006年:GMC サバナ

「GMC サバナ」は、ゼネラルモーターズが製造・販売されるフルサイズバンです。
シボレー エクスプレスがベースとなっており、外観のデザインが変更された兄弟車となっています。
5列シートモデルは、15名が乗車することができます。
後部ウィンドウを全て無くしたモデルは商用です。
その広いスペースを利用して、多くの荷物を運搬することが主な用途でした。

GMC サバナの中古車価格

GMC サバナは、シボレーエクセスプレスと日本の中古車価格も似ており、85〜800万円代となっています。
アメリカ本国では、現在も新車モデルがありますが、日本では正規輸入車として取り扱われていません。

【第6位】アメ車のフルサイズバンおすすめ人気ランキング

シボレー シェビーバン

「シボレー シェビーバン」とは、ゼネラルモーターズが同社のブランドの一つであるシボレーから製造・販売したフルサイズバンです。
「シボレー シェビーバン」は、1964〜1996年まで3世代があります。
雑誌でよく登場し、皆さんも見覚えがあるモデルは最後の3代目のデザインではないでしょうか。
その後「シボレー シェビーバン」を引き継いだのが「シボレー エクスプレス」になります。

シボレー シェビーバンの中古車価格

シボレーシェビーバンの中古車価格は、現在日本国内にて3代目にあたる1971〜1996年モデルが流通しています。
その価格帯は、70〜300万円代と幅広くなっています。

【第7位】アメ車のフルサイズバンおすすめ人気ランキング

GMC バンデューラ

GMC バンデューラ 特攻野郎A-Team仕様

「GMC バンデューラ」は、 ゼネラルモーターズのブランドであるGMCが製造・販売したフルサイズバンです。
「シボレー エクスプレス」がベースとなっており、兄弟車として「GMC サバナ」があります。

1983年には、アメリカのテレビドラマ「A-Team」にて、A-Teamの専用車として活躍しました。
日本では「特攻野郎A-Team」として放映されていましたので、覚えている人も多いのではないでしょうか?

GMC バンデューラの中古車価格

GMC バンデューラの中古車価格は、年式にかかわらず、車の状態、グレードによる差が価格差となっており、60万円代〜260万円となっています。

【第8位】アメ車のフルサイズバンおすすめ人気ランキング

ダッジ スプリンター

「ダッジ スプリンター」は、2003年に販売を終了した「ダッジ・ラムバン」に代わってとして2004年からアメリカで販売されていたフルサイズバンです。
実は「メルセデスベンツ スプリンター」のOEM供給であるため、全体のシルエットは「メルセデスベンツ スプリンター」そのものです。
「ダッジ スプリンター」は2008年に販売が終了しました。

ダッジ スプリンターの中古車価格

ダッジ スプリンターは、現在日本の中古車市場で見ることがなく、中古車車価格は不明です。

【第9位】アメ車のフルサイズバンおすすめ人気ランキング

フレイトライナー スプリンター

ベンツ スプリンター

「フレイトライナー スプリンター」は、アメリカの大型トラックブランドが販売するフルサイズバンです。
「フレイトライナー スプリンター」は「ダッジ スプリンター」と同様に、「メルセデスベンツ スプリンター」のOEM供給です。

現在の「フレイトライナー」は、ダイムラーグループの「ダイムラートラックス ノースアメリカ」が同ブランドでトラックの製造・販売しています。

フレイトライナー スプリンターの中古車価格

フレイトライナー スプリンターも、現在日本の中古車市場で見ることがなく、中古車価格は不明です。

【第10位】アメ車のフルサイズバンおすすめ人気ランキング

フォード トランジットバン

「フォード トランジット」は、フォード・ヨーロッパが1953年よりヨーロッパ市場で製造・販売しています。
しかし、2014年にアメリカにて「フォード Eシリーズ」の販売終了が決定し、2015年からアメリカにて新型フォード トランジットを「フォード Eシリーズ」後継車とすることが発表されました。
現在もアメリカで販売されています。

フォード トランジットバンの中古車価格

フォード トランジットバンの中古車価格は、300万円前後です。
アメリカ本国では「トランジット コネクト」として現在も販売していますが、日本では2016年にフォードが日本市場撤退後、正規ディーラーから購入できない状態です。

【2017年度版】アメ車のフルサイズバンおすすめ人気ランキング一覧

順位ブランド名(メーカー名)車種名
1フォード(フォード)エコノライン
2フォード(フォード)Eシリーズ
3ダッジ(クライスラー)ラムバン
4シボレー(ゼネラルモーターズ)エクスプレス
5GMC(ゼネラルモーターズ)サバナ
6シボレー(ゼネラルモーターズ)シェビーバン
7GMC(ゼネラルモーターズ)バンデューラ
8ダッジ(クライスラー)スプリンター
9フレイトライナー (フレイトライナー )スプリンター
10フォード(フォード)トランジットバン

アメ車のフルサイズバンのおすすめ人気ランキングをお届けしました。
メーカーの全車種を揃えても車種としては決して多くはないのですが、各車種で多くのモデルが存在していましたので、中古車市場でも様々なモデルを見つけることができます。
日本ではその大きなサイズが日本の道路事情に合わないこともあり、正規輸入された数はそれほど多くはなく、専門店が中古車とし並行輸入した車が多いでしょう。
購入時は、フルサイズバンを取り扱っているノウハウを持った専門店の方が安心できます。
また現在日本市場になるモデルも専門店を経由で購入することも可能です。

中古車でアメ車のフルサイズバンを手に入れる!

フルサイズバンは、長年「ビッグスリー」であるフォード、ゼネラルモーターズ、クライスラーがその市場を占めていましたが、現代はその全盛期に比べ車種も台数も少なくなってきています。

日本では、若い世代で人気が出てきているアメ車のフルサイズバンは、新車では高価ですが中古車となれば比較的手頃な価格で手に入れることが可能です。

フルサイズバン・バンに関連する記事はこちらから!

この記事の執筆者

猫田 久太郎この執筆者の詳細プロフィール

漫画「サーキットの狼」がきっかけとなり、1970年後半のスーパーカーブームに感化され未だにその熱が覚めず現在に至っています。 特にヨーロッパ車の文化とデザインに魅了された車好きです。 簡単な修理・整備は自分で行うので車の記事だけでなく、DIYやカー用品についての記事も執筆して...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
Был найден мной популярный блог про направление ящик для овощей http://maxformer.com
Наш важный интернет-сайт , он описывает в статьях про Продать пшеницу в Луганской области https://agroxy.com/prodat/pshenica-109/luganskaya-obl