初めて車と出会う人の為の車情報メディア Rosazzurro [Rosa]

実は簡単?高級車の本革レザーシートの掃除・お手入れ方法!

本革のレザーシートのお手入れ方法はあまり知られておらず、革製品というとお手入れが難しいイメージを持たれる方が多いです。しかし、実際はレザーシートは簡単にお手入れが可能です。特殊な機械を必要とせず、すぐに実践できるレザーシートのお手入れ方法をご紹介致します。

プロにお願いすると簡単&キレイ!しかしお値段もそれなりにかかってしまいます。

プロである業者に依頼すればとてもキレイに仕上げてもらえますが、施工料金は仕上がり故に高い場合が多いです。一般的な相場として、小型車30,000円~、中型車40,000円~、大型車45,000円~、特大車、ワゴン50,000円です。

なぜレザーシートのお手入れが簡単なのか

車のレザーシートのお手入れが簡単な理由は、シート表面に塗られたウレタンクリアー塗料にあります。本革シートはこの塗料を使った処理法方でないと、夏場の締め切られた車内の温度や、全方位から差し込む紫外線に本革が耐えられません。

そのため軽い水洗い程度であればシートを濡らしても影響はありません。しかし、耐水性には限度があるため、大量の水をかけたり、少量とはいえ水をかけたまま長時間放置することは避けましょう。

レザーシートのお手入れ方法は?

はじめに埃を取り除く

シートに埃がのこったままこすると、それがキズの原因にもなるため、ハンディクリーナーや柔らかなブラシでしっかりと埃を取り除きましょう。

バケツと中性洗剤、マイクロファイバークロス、洗顔用の海綿スポンジ等を用意します。

バケツにたっぷりの水を溜め、そこに中性洗剤を少し加え、クロスやスポンジ等にそのバケツの水を含ませ、軽く絞ったもので優しくシートをこすり洗いします。この工程は2~3分で簡単に仕上げることが大切です。

水で濡らして硬く絞ったクロスで、浮き上がった汚れや洗剤を拭きあげて落とします。

キズがつかないように、ゴシゴシとせず軽く拭きあげていきます。洗剤を落としきることが大切ですので、洗剤の拭き残しのないように10~15分程かけてしっかりと拭きます。最後に乾いたマイクロファイバークロスで拭きあげるとより綺麗な仕上がりになります。

汚れが酷い場合は一度に落とそうとせず、この工程を複数回繰り返し、徐々に汚れを落とすようすることが大切です。長時間の洗剤使用や強い摩擦での掃除は革が傷んでしまいますので控えましょう。

洗剤を残さないようにして仕上げる

一つの工程を一度に終わらせようとするのではなく、場所を区切って洗いあげていくことがポイントになります。時間をかけてしまうと、はじめに乗せた洗剤や浮き上がった汚れが乾いてしまい、すすぎの為の拭き上げでなかなか落としきる事ができなくなります。

残った洗剤はカビや汚れの温床となってしまい、再び汚れてしまうため、吹き上げる際には注意が必要です。ウレタンクリアー塗料が塗られているシートの上に、ミンクオイル等の革用オイル等を塗ると、そのオイルそのものが汚れとなってしまい、、シートの劣化が早くなります。

様々な場所でお手入れができる。

本革シートにはウレタン塗装がされているため簡単にお手入れすることが可能で、シートに限らず、車内の他のレザー部分も同じお手入れ方法になります。また、中性洗剤であれば、車内の他の部分の拭き上げだけでなく、ご家庭内のお掃除でも使用できます。

車内を掃除したい方に関連する記事

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す

Rosazzurro[Rosa]
【WEBで車検】自宅に引取&納車!カード決済の楽々車検、見積り無料!

【WEBで車検】自宅に引取&納車!カード決済の楽々車検、見積り無料!

【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり比較!

【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり比較!

【車買取】30秒で無料一括査定。愛車を一番高く売るなら♪

【車買取】30秒で無料一括査定。愛車を一番高く売るなら♪

https://kinder-style.com.ua

Наш нужный веб портал с информацией про progressive.ua.
mandarin.org.ua/eshop/492.polietilenovye-pakety/