MENU
初めて車と出会う人の為の車情報メディア Rosazzurro [Rosa]
 

日産キューブ後継車の新型コンパクトトールワゴン最新情報!スペックや燃費・価格・発売日を徹底予想!

2018年日産・キューブが販売終了で、新型の後継車がデビューする可能性が浮上してきました。日産キューブのフルモデルチェンジではなく、あえて後継車を出すことでキューブにないスタイリッシュなコンパクトトールワゴンへと変身か。スペック、価格、燃費、発売日を徹底予想していきます。

2018年日産キューブ後継車・新型コンパクトトールワゴン登場か

日産キューブが2018年に販売が終了となり、後継モデルの新型コンパクトトールワゴンが発売される可能性があります。
1998年に発売されたキューブは来年でデビューから20年が経ちますが、日産の車両ラインアップの見直しや新型デザインの適応などで、キューブも世代交代となる可能性が浮上してきました。

キューブがフルモデルチェンジという見方もありますが、今回は新型後継モデル登場の可能性について徹底予想していきます。

キューブについての記事はこちら

【最新情報】新型コンパクトトールワゴンの前にキューブが最後の一部改良か

キューブが生産終了となり、新型コンパクトトールワゴンにシフトする前に、最後の一部改良が行われるとの情報が入ってきました。
一部改良ではフロントバンパーなどのデザインが若干変更されるとの噂ですが、詳細は明らかになっていません。

一部改良の時期は2018年4月ごろとの予想です。

日産キューブが長期売上不振で7人乗りへシフト?

5人乗りトールワゴン

メーカー・車名2016年11月~2017年4月
販売台数(台)
日産・キューブ5,053
トヨタ・タンク/ルーミー
(2016年10月デビュー)
68,488
スズキ・ソリオ28,310
トヨタ・シエンタ70,419
ホンダ フリード/プラス/ハイブリッド71,748

上の表は、2016年10月から2017年4月までの販売台数をキューブのライバル車と比較したものです。
この半年間で、トヨタ・タンク/ルーミー、スズキ・ソリオに比べ、キューブの販売台数はかなり少なく、売上不振が目立っています。

▼キューブ・ルーミー・ソリオについての記事はこちら

日産 新型キューブが7人乗りに?

7人乗りコンパクトトールワゴン

さらに、7人乗りであるトヨタ・シエンタ、ホンダ・フリードが5人乗りトールワゴンよりも人気があり、今までのユーザーがこちらへ買い替える傾向にあります。
日産は、この手の7人乗りコンパクトトールワゴンがないため、キューブをフルモデルチェンジするより、7人乗りコンパクトトールワゴンへシフトする可能性が高いでしょう。

▼シエンタ・フリードについての記事はこちら

Vmotion2.0と不釣り合いな外観設計

キューブを販売終了する理由がもう一つあります。
それは日産の新デザインコンセプト「Vmotion2.0」とキューブの根本設計が不釣り合いという点です。
Vmotion2.0ではバンパーからヘッドライト、そしてボンネットにかけてV字を基調に、直線的でエッジの効かせたデザインコンセプトです。
一方、キューブはその名の通り「立方体」の箱車らしい形状をしています。
これにグリルだけをVmotion2.0にしても良いでしょうが、車体全体の角が直角になっているキューブには、そぐわないでしょう。

過去に、2003年から2008年まで7人乗りのキューブキュービックが発売された経緯がありますが、以上の理由から復活はありえません。
そこで日産・キューブは、車名を変え、イメージを一新すると予想できます。

Vmotion2.0についての記事はこちら

次のページ

下取りより平均16万円も高く売れる!
車の買替えは「一括査定」がお得

おすすめポイント

  • ディーラーの下取りより平均16万円も高く売れる!
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社からどこよりも高く売れる業者が分かる
  • たった1分で愛車の査定額がわかる

RANKING

PICK UP

CATEGORY

モバイルPC
www.medicaments-24.com

best-cooler.reviews

link best-cooler.reviews