初めて車と出会う人の為の車情報メディア Rosazzurro [Rosa]

ジャガー新型E-PACE(Eペイス)最新情報!コンパクトSUVの価格・性能は?

ジャガーF-PACEの弟分となる、ジャガー新型E-PACE(Eペイス)が2018年2月22日より受注開始となりました。ジャガーE-PACE(Eペース)は5人乗りのSUVとして、激戦のコンパクトクラスSUVに参戦する模様です。果たしてどのようなスペック、価格で発売されるのでしょうか?

【最新情報】ジャガー新型E-PACE(Eペイス)が日本で2月22日受注開始!

ジャガー新型E-PACE(Eペイス)がついに日本市場に導入、2月22日から受注を開始しました。

パワートレインは2種類のガソリンエンジンとディーゼルエンジンが用意され、ジャガー初の9速ATが装備されています。

ラインアップは、2018年限定モデルを含む前24車種(ディーゼル9車種、ガソリン15車種)展開となり、ボディカラーは全11色の展開で価格帯は451万~764万円となります。

発表会に展示される新型E-PACE(Eペイス)のフロント

発表会に展示される新型E-PACE(Eペイス)のリア

ジャガー新型E-PACE(Eペース)が発表!

2017年7月、ジャガーランドローバー社が新型E-PACEを公開しました。
スポーティーな外装とパフォーマンスを兼ね備えた新型コンパクトSUV「E-PACE」に期待が集まっています。
本記事ではジャガー新型E-PACEの価格、燃費、ボディサイズなどの最新情報をお伝えしていきます。

ジャガー新型E-PACE オフィシャル動画

ジャガー新型E-PACEがフランクフルトモーターショーに登場せず

自動車業界の祭典とも言える「フランクフルトモーターショー」にて、ジャガー新型E-PACEが登場するのでは無いかと予想されていましたが、出展はされませんでした。

フランクフルトモーターショーでの展示についてジャガーから公式発表されていませんが、大きな期待を背負っている新型「E-PACE」が世界最大級のモーターショーに登場するのは宣伝も兼ねて可能性はあるため、展示への期待が寄せられていました。

フランクフルトモーターショーの特集記事はこちら

ジャガー初のSUV「F-PACE」は大ヒット!

イギリスの伝統ある高級車メーカーであるジャガーが、初めて発売したSUVが「F-PACE」です。
ジャガーF-PACEは、ジャガーのスポーツモデルであるF-TYPEのデザインテイストとジャガーの最新メカニズムを取り入れ、シンプルでありながら力強いデザインと鮮烈な走りや乗り心地を得たスポーティ&ラグジュアリーSUVとなっているのが特徴です。

人気の中心となっているジャガーSUV

ジャガーF-PACEは、2016年の発売以来売れに売れています。
現在では、ジャガー販売モデルの30%をF-PACEが占めており、コンパクトSUVのE-PACEが発売されればその勢いがさらに増すことが予想されています。

ジャガー新型F-PACEの価格や燃費性能などについてはこちら

ジャガー新型E-PACEの外装(エクステリア)デザイン

ジャガー新型E-PACE フロント

ジャガー新型E-PACE サイド

ジャガー新型E-PACE リヤ

ジャガー新型E-PACE ジャガー親子モチーフ

ピュアスポーツカーのF-TYPEからインスピレーションを得たデザインとなっており、ロングホイールベースかつショートオーバーハングが特徴です。
「Jブレード」シグネチャーライトを採用したLEDヘッドランプ、大胆なハニカムメッシュグリルなどが織りなす、E‑PACEのスポーティな外装となっています。
流れるようなルーフラインや大胆に傾斜したリアウィンドウとスポイラーの組み合わせ、夜間でも鮮明にE-PACEの存在を主張するフルLEDテールランプなども印象的です。
また、ジャガーの親子をモチーフにしたグラフィックがフロントウィンドウの隅などに配置されています。

(参考)欧州仕様車のエクステリア(外装)デザイン

欧州仕様車 フロント

欧州仕様車 サイド拡大

欧州仕様車 リヤ

ジャガー新型E-PACEの内装(インテリア)デザイン

ジャガー新型E-PACE インパネ

ジャガー新型E-PACE シート

ジャガー新型E-PACE フロントシート裏

ジャガー 新型E-PACE ジャガー柄

E‑PACEの室内空間は高品質な素材とモダンなデザインを貫いています。
ドライバーを取り囲むようなコックピットでは、スポーツシフトセレクターで軽快な操作が可能です。
10.2インチの大型インフォテインメントシステム「In Control Touch Pro」や、リアシートの折りたたみで1,234リットルの大容量を確保するラゲッジルームも使い勝手が良さそうです。
また、ジャガー柄のシートラベルがシートラベルやセンターコンソールフロアに採用されるなどの遊び心も感じられます。

(参考)欧州仕様車の内装(インテリア)デザイン

欧州仕様車 インパネ

欧州仕様車 シフトレバー

欧州仕様車 シート

欧州仕様車 シート裏側

欧州仕様車のインテリアに関する動画

クラス屈指の収納スペースを実現したE‑PACE。
取り外し可能なカップホルダーを備えた奥行きのあるセンターコンソールは、小さめのタブレットや750mlのボトル4本をフラットに収納できます。
大きなグローブボックスは、取り外したセンターコンソールのカップホルダーをはじめ、すぐ手の届く場所に置いておきたいアイテムの収納場所として最適です。
さらに、左右フロントドアの深いスペースには、携帯電話、缶入り飲料、1.5リットルのボトルなどが入ります。

ジャガー新型E-PACEのエンジン・スペック

ボディサイズ

全長全幅全高
4,4101,9001,650
ホイールベース車両重量乗車定員
2,680-5
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

(参考)欧州仕様車のボディサイズ

全長全幅全高
4,3951,9841,625
ホイールベース車両重量乗車定員
2,6811,8435
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

エンジンスペック

ディーゼルガソリン1ガソリン2
エンジン種類直列4気筒ディーゼル直列4気筒ガソリン直列4気筒ガソリン
排気量2.0L2.0L2.0L
最高出力132(180)/4,000183(249)/5,500221(300)/5,500
最大トルク430(43.85)/1,750-2,500365(37.22)/1,300-4,500400(40.79)/1,500-2,000
トランスミッション9AT9AT9AT
駆動方式AWDAWDAWD
使用燃料軽油ハイオクハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

ジャガーE-PACEに搭載されているエンジンは、欧州仕様者と同様にジャガーが新開発した2.0L直列4気筒「Ingenium(インジニウム)」ガソリンエンジンと「Ingenium(インジニウム)」ディーゼルエンジンが主力ユニットになります。
この「Ingenium(インジニウム)」は、ツイン・スクロール・ターボチャージャーを搭載し、優れたパワーと経済性を両立しているエンジンです。
1気筒あたりの排気量が500ccとなる「Ingenium(インジニウム)」ガソリンエンジンは、2015年に発表された「Ingenium(インジニウム)」ディーゼルエンジンに続き、新開発された最新エンジンとなります。
また、駆動式も全車AWDのみの設定、トランスミッションはジャガー初の9速ATを採用しています。

▶「Ingenium(インジニウム)」の主な特徴
・1気筒の排気量500ccを基本とし、排気量変更も可能な設計
・アルミ製ブロック、電動油圧式バルブトレイン、一体型エキゾーストマニホールド、セラミックボールベアリングの採用
・従来型エンジン比で、パワーが25%向上、かつ燃費を15%改善

ジャガー新型E-PACEの安全装備・快適装備

安全装備

新型E-PACEには、自動緊急ブレーキ、レーンキープアシスト、ドライバーコンディションモニター、クルーズコントロールとスピードリミッターといった安全装備が搭載されています。

快適装備

最新コネクト搭載

ジャガー新型E-PACEにはさまざまな最新のコネクティビティが搭載されます。
センターコンソールには10インチのタッチスクリーンが標準装備され、音楽ストリーミングサービスの「Spotify」など、アプリとの接続も可能になっています。

ジャガーの「InControl」システムでは、スマートフォンと接続することで車両の追跡、事故が起きた際の自動的な連絡、車両情報の確認、エンジン始動などの遠隔操作が可能になります。

また、「アクティビティキー」も用意されます。「アクティビティキー」とは防水・耐久性能に優れたリストバンド型のキーであり、アウトドアアクティビティをする際にメインキーを持ち歩く必要がなくなります。

ジャガー新型E-PACEの燃費性能は?

ジャガー新型E-PACEの燃費性能について公式発表は未だされていません。
ですが、同じくインジニウムが搭載されているジャガーXEの燃費性能が17.1km/Lと高性能なことから、新型E-PACEも優れた燃費性能が備わっていると予想されています。
4ドアセダンであるジャガーXEより車重が重いと思われるのでXEの燃費である17.1km/Lを多少下回る15~16.5km/Lほどになる見通しです。

ジャガー新型E-PACEのボディカラー(全11色)

FIRST EDITION限定カラー「カルデラレッド」

新型E-PACEのボディカラーは、特別仕様車専用色を含め11色です。

・フジホワイト
・ユーロンホワイト
・ボラスコグレー
・サントリーニブラック
・コリスグレー
・インダスシルバー
・フィレンツェレッド
・ファラロンパールブラック
・シージアムブルー
・シリコンシルバー
・カルデラレッド(FIRST EDITION専用カラー)

ジャガー新型E-PACEのグレード構成と新車車両価格

新型E-PACEのグレード構成は合計24種類に渡ります。
価格は451万~764万円で、主力グレードでライバルのアウディQ3やメルセデスGLAと同じ価格帯にあるため、コンパクトSUVがさらに激戦区になることは間違いないでしょう。

グレードと価格

ディーゼルエンジンモデル
E-PACE 2.0L D1804,510,000
E-PACE S 2.0L D1805,190,000
E-PACE SE 2.0L D1805,720,000
E-PACE HSE 2.0L D1806,200,000
E-PACE R-DYNAMIC
2.0L D180
5,040,000
E-PACE R-DYNAMIC
S 2.0L D180
5,720,000
E-PACE R-DYNAMIC
SE 2.0L D180
6,250,000
E-PACE R-DYNAMIC
HSE 2.0L D180
6,730,000
E-PACE FIRST EDITION
2.0L D180
7,380,000
[単位]円(消費税込み)
ガソリンエンジン搭載モデル()
E-PACE 2.0L P2504,750,000
E-PACE S 2.0L P2505,430,000
E-PACE SE 2.0L P2505,970,000
E-PACE HSE 2.0L P2506,440,000
E-PACE R-DYNAMIC
2.0L P250
5,280,000
E-PACE R-DYNAMIC
2.0L S P250
5,960,000
E-PACE R-DYNAMIC
2.0L SE P250
6,500,000
E-PACE R-DYNAMIC
2.0L HSE P250
6,970,000
E-PACE FIRST EDITION
2.0L P250
7,640,000
[単位]円(消費税込み)
ガソリンエンジン搭載モデル(15種類)
E-PACE S 2.0L P3006,050,000
E-PACE SE 2.0L P3006,580,000
E-PACE HSE 2.0L P3007,060,000
E-PACE R-DYNAMIC
S 2.0L P300
6,580,000
E-PACE R-DYNAMIC
SE 2.0L P300
7,110,000
E-PACE R-DYNAMIC
HSE 2.0L P300
7,590,000
[単位]円(消費税込み)

ジャガー新型E-PACE 特別仕様車FIRST EDITION

FIRST EDITIONとは、1年間限定で販売される特別仕様車です。
カルデラレッドの専用ボディカラー、スプリットスポークとサテングレーダイヤモンドターンドフィニッシュの20インチスタイル6014アロイホイールが専用エクステリアです。
インテリアにもフレームレッドニードルコントラストステッチを施したエボニーウィンザーレザーシートやジャガーロゴ入りのメタルトレッドプレートとフロアマットといった専用装備が採用されています。

ジャガー新型E-PACEのライバルは?

アウディQ3

メルセデスベンツGLA

ベンツ GLA

©Shutterstock.com/ Teddy Leung

ジャガーE-PACEはコンパクトSUVという日本や欧米で大人気となっている激戦クラスとなります。
したがって各メーカーに強力なライバルが存在します。

▶強力なライバルが存在!
日本ではアウディQ3やメルセデスベンツGLAの人気が高く、ジャガーE-PACEの強力なライバルになるのではないかと想定されています。

ジャガーE-PACEのライバル車の詳しい解説はこちら

ジャガー新型E-PACEはコンパクトSUVの台風の目になるか?

ついに日本でもE-PACEが発売されました。
ジャガーE-PACEは、日本でも人気沸騰中のコンパクトSUVで、取り回しのしやすいサイズで日本の道路事情にもマッチしそうです。
新開発のエンジンの搭載で、注目が集まっている新型SUVでもあります。

スポーティかつラグジュアリーなコンパクトSUVであるジャガーE-PACEの今後の展開に要注目です!

ジャガーの新型車に関連する記事はこちら

ジャガーに関連する記事はこちら

SUVに関連する記事はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す

www.topobzor.info

www.topobzor.info/novinka-meizu-m5s/

https://avtopoliv-gazonov.kiev.ua