MENU
初めて車と出会う人の為の車情報メディア Rosazzurro [Rosa]
 

【三菱 新型エクリプスクロス】発売開始!新コンパクトSUVの価格とサイズや燃費は?

三菱の新型コンパクトSUV「エクリプスクロス」が2018年3月1日に発売開始!三菱新型エクリプスクロスの価格、スペック、サイズや燃費など最新情報をまとめました。かつての三菱のスポーツカー「エクリプス」の名称がSUVで復活します。ディーゼルエンジン、PHEVの搭載はあるのか?三菱が自信を持って投入する新型エクリプスクロスの魅力とは?

三菱新型エクリプスクロス3月1日発売開始!

3月1日に行われた新型エクリプスクロスの発表会

益子修社長

© Rosazzurro

三菱自動車は、2018年3月1日に新型エクリプスクロスを発表し、同日から全国で販売を開始しました。

三菱新型エクリプスクロスは、これまでにないスタイリッシュなフォルムとSUV の走行性を持ち合わせた、三菱自動車らしいクーペSUVとされています。
コンパクト SUV「RVR」とミッドサイズ SUV「アウトランダー」などのクロスオーバーSUVラインアップに新たに追加されます。

三菱新型エクリプスクロスのデザイン、性能、燃費、価格、ライバル車など最新情報をご紹介します。

新型エクリプスクロスの開発コンセプト

新型エクリプスクロスには

・Stimulating Design(刺激的なデザイン)
・Human Connectivity(人との繋がり)
・Reliable Driving(信頼できる運転)

という3つのコンセプトが存在します。

1つ目の「刺激的なデザイン」とは新型エクリプスクロスのダイナミックな躍動感と、スポーティさが同居する独特で個性的なデザインのことを指しています。
2つ目の「人との繋がり」とは新型エクリプスクロスに搭載されるスマートフォン連携ディスプレイオーディオ、タッチパッドコントローラー、カラーヘッドアップディスプレイにて思い通りに操作し、リアルタイムで情報を受け取ることができる、という車と人との繋がりを指しています。
最後の「信頼できる運転」とは新型エクリプスクロスに採用されているS-AWC(車両運動統合制御システム)と、それを支える高剛性ボディによって、悪路や荒天などあらゆるコンディションの路面においても、抜群の操縦性と制御力を発揮することを指しています。

新型エクリプスクロスの特徴

新型エクリプスクロスの主な特徴は

・4年ぶりとなる三菱からの新型車
・クロスオーバータイプのクーペSUV
・新開発の1.5Lターボエンジンを搭載
・電子制御によりあらゆる路面状況に対応する「S-AWD」を採用
・予防安全装備「e-Assist(eアシスト)」を搭載

となっています。

新型エクリプスクロスの由来

新型エクリプスクロスの車名の由来となった「エクリプス」

エクリプスとは、1989年に北米を中心に販売されたスポーツコンパクトカーです。
北米では絶大な人気を誇り、1990年にも日本で販売が開始されました。
2006年に販売がほぼ終了されましたが、今でも自動車ファンに語り継がれており、三菱自動車が誇る大人気車種でした。

そんな「エクリプス」にクロスオーバーの略である「クロス」が組み合わされ新たに「エクリプス クロス」が誕生しました。
三菱は新型エクリプスクロスの車名について「ドライバーに鮮明な印象を与え、心を刺激し、高揚させる存在になれるように。」との思いを込めた、と述べています。

三菱新型エクリプスクロスの外装(エクステリア)デザイン

フロント

サイド

リア

新型エクリプスクロスは、流麗なクーペSUVとは一線を画した三菱自動車らしいシャープなクーペSUVです。
スポーティかつダイナミックなフロントフェイスは、最新の三菱自動車に採用されているデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を採用しています。

フロント上部には薄くてシャープな LED ヘッドライトとデイタイムランニングランプを、下部にはターンランプとフォグランプを配置することで、より精悍なイメージを表現するとともに、ターンランプの視認性を向上させたとしています。

高い位置に配したワイドなリヤランプと前傾したリヤウインドウを上下に二分することで、立体的で個性的なリヤスタイルとなっています。
また、チューブ式 LED テールランプと中央のハイマウントストップランプが一直線に発光することで、幅広さと安定感を表現します。

三菱新型エクリプスクロスの内装(インテリア)デザイン

インパネ周り

シート

シフトノブ・スイッチ

内装はブラックとシルバーのモノトーンとし、水平基調のインストルメントパネルと立体的なシル
バー加飾によって、スポーティでありながらも落ち着きのあるシックなデザインとなっています。
象徴的なインストルメントパネル、立体的なシルバー加飾、モノトーンのインテリアカラー。
さらに先進的なコックピットをイメージさせる薄型ディスプレイオーディオやヘッドアップディスプレイがドラーバーの心をくすぐります。

多様化したコネクティビティ

ナビゲーションシステム

新型エクリプスクロスには、多くのコネクティビティが採用されています。
具体的には、様々な情報を安全で快適に操作できるスマートフォン連携ディスプレイオーディオ(SDA)、タッチパッドコントローラー、カラーヘッドアップディスプレイを搭載しています。

スマートフォン連携ディスプレイオーディオ(SDA)は車の中でiPhoneをより安全に使用するための方法「Apple CarPlay」に対応しています。Siri やタッチスクリーンで行き先を調べる、電話をかける、メッセージを送受信する、音楽を聴くなど、運転に集中したまま全てをこなします。さらに、高度な音声認識でGoogle マップなど、各種アプリの操作が可能な「Android Auto」にも対応しています。

これらの操作は、センターコンソールに配置されたタッチパッドコントローラーによって行うことができ、走行中でも姿勢を崩す必要がありません。
ヘッドアップディスプレイには速度や予防安全装備からの情報などを表示し、少ない視線移動で的確に情報を認識できます。

三菱新型エクリプスクロスのボディーカラー(全8色)

三菱新型エクリプスクロスのボディーカラーは、以下全8色です。

・レッドダイヤモンド
・ブロンズメタリック
・レッドメタリック
・ライトニングブルーマイカ
・チタニウムグレーメタリック
・スターリングシルバーメタリック
・ブラックマイカ
・ホワイトパール ※有料色

次のページ

下取りより平均16万円も高く売れる!
車の買替えは「一括査定」がお得

おすすめポイント

  • ディーラーの下取りより平均16万円も高く売れる!
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社からどこよりも高く売れる業者が分かる
  • たった1分で愛車の査定額がわかる

RANKING

PICK UP

CATEGORY

モバイルPC
https://vy-doctor.com.ua

www.best-cooler.reviews

topobzor.info/doogee-shoot-1/